研究+開発+イノベーション
教育
研究+開発+イノベーション
6月 25, 2015

オリーブ農園に適用される、搾油所に起因する廃液の管理

スペインの搾油所では、毎年約4000万立方メートルもの廃液を産出しており、それらすべては公共の水域に排出することができないものです。廃液の一部は処分しなければならず、また、もし可能であれば有効利用するべきであります。新しい解決案が必要とされており、 オビスポ・アラメダ調査学院センターやアンダルシア州政府農業水産研修所(IFAPA)が、スペイン産オリーブオイル専門職連携非営利団体の協力のもと、新たなプランニングを予定しています。ラファエラ・オルドニェス氏が率いるチームは、 搾油所の洗浄水がオリーブの木にもたらす影響を評価しています。具体的には、中・長期的な栽培および土壌の進展に関してです。年間ヘクタール当たり250立方メートルの用量を投入しています。これにより、研究者らは、それらの排出物の排出先や管理に関しての法令の変更に対する提案が可能なデータを提供する事が可能となります。

オリーブ農園に適用される、搾油所に起因する廃液の管理

関連する投稿

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。