研究+開発+イノベーション
オリーブオイルと生活
研究+開発+イノベーション
6月 25, 2015

オリーブ オイルの脂質が乳癌に良い? 食物脂肪摂取の効果

バルセロナ自治大学の乳癌の研究グループは、エドゥアルド・エスクリッチ博士によって統率されるグループであり、博士は油と腫瘍に存在する物質と分子メカニズムとの間の相互作用に関する事柄など、様々な脂肪の摂取が乳がんの進行にもたらす影響について30年を費やして研究しています。当団体は試験段階(ラットを使用した)試験と人体への研究という、このチームの2つの大きな研究ラインを支援しています。最初のケースでは、疾患を誘発している動物の疾患の発展と進化が評価されています。対象となる試験体の一部には、エキストラバージンオリーブオイルを用いた食事を与えました。残りの試験体には、種子オイルを用いた食事が与えられました。研究者たちは、エキストラバージンオリーブオイルが乳癌の進行を遅らせることを実証しています。それは、様々な及び複雑なメカニズムを介して行われ、 その中で最も特徴的なのが、腫瘍細胞の増殖を阻止する作用や腫瘍細胞の細胞死を誘導する作用(アポトーシスとして知られるプロセス)です。

また他には、オリーブオイルを摂取していた試験体は、腫瘍の悪性度が低いということ(臨床的および形態学)も実証されています。別の意味では、 種子油中に含まれるオメガ6脂肪は、乳癌の進行を刺激しますこれらを摂取した試験体は通常、 腫瘍の影響を受けることが多く、腫瘍の数は多く、そしてその大きさも大きく、悪性である確率が高いということです。

乳癌における食物脂肪摂取の効果

ヒト腫瘍の場合には、細胞膜の脂質プロファイルが特定されており、様々な脂質の影響が、乳がんの治療効果や遺伝点変化に影響を及ぼすことが検証されています。これらは、乳がん罹患者の食生活に関連しています。これらすべての研究では保護効果を際立っていますこの疾患の遺伝子機能にエキストラバージンオリーブオイルが関与していることを示しています

 

【オリーブオイルと健康・美容に関するおすすめ記事】

【オリーブオイル基礎知識に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイルの使い方に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイルで作るおすすめレシピ】

 

この他にもオリーブオイルで作れるレシピはまだまだたくさんあります!
どうぞオリーブオイルのレシピ集をご覧ください!

関連する投稿

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。