毎日のオイル
ブログへ戻る
3月 20, 2017

【オリーブオイルの使い方】オイルの特長を最大限に生かす方法

私たちの投稿記事【スーパーマーケットで買うオリーブオイルの正しい選び方】を読んで、品質の良いオリーブオイルの選び方 が理解できましたね? 
今回はもう少し深入りをして、この製品を最大限に生かす方法をご紹介したいと思います。

その前に、よくある質問にいくつかお答えします。

女性の料理

オリーブオイルを使って日本食を作ることは可能でしょうか?

はい、もちろんです。

地中海の代表的な産物ですが、いかなる食事にも完璧にマッチする上、健康を高めて料理の味を深めます。

 

各料理にどのオリーブオイルを使用すればいいのでしょうか?

オリーブオイルの種類によってそれぞれ異なる特徴がありますから、異なる調理法・異なる料理に使用することが可能です。

例えば、加熱せずにサラダ、ソースやマリネを作る際、または最後の味を調えるために使う際には、より一層香りと風味を深めるエクストラバージンオリーブオイルの使用をお勧めします。

日本の食卓でご使用の場合には、例えば蕎麦、または八方ダシの味を調えるためにもご利用いただけます。

バージンオリーブオイルでも、エクストラバージンオリーブオイルで使用する料理に同じようにご使用いただけます。

また、オリーブオイルは高温にとても強いため、串カツ、コロッケ、または天ぷらなど揚げ物を作る際にご使用いただければ、とても美味しくできあがります。

また、デザートに使えば風味が増します。

バターの代わりにオリーブオイルの是非試してみてください。

食材の風味を深めるだけでなく、健康にもつながります。

バターを「4」使用する代わりにオリーブオイルを「3」使用するだけ。

これらは全て基本的なオリーブオイルの使用法なので、実際はどの調理法でも使用することが可能です。

あとは料理する人自身の好みで、使用するオリーブオイルを決めて大丈夫です。

オリーブオイルの調理法別おススメの使い方は、次の記事も合わせてご覧ください。

【【オリーブオイル料理】スペイン産オリーブオイルを使った料理】

 

オリーブオイルの特徴を生かすにはどんな使い方がいいのでしょうか?

前項でも説明しましたが、オリーブオイルは高温に強いオイルです。

オリーブオイルを使った揚げ物は高い評価を受けています。

更にサクッとした薄い皮膜を作るために食材に必要以上の油がしみ込まず、食材が本来もつみずみずしさが失われません。

加熱した際の膨張性が他の食用油よりも高いため、少量の油で十分調理できます。

オリーブオイルが際立つ調理法はマリネ。

何故だと思いますか?

答えはオリーブオイルがハーブと香辛料を混ざりやすくし、よりおいしく出来上がるからです。

 

 

スペイン産オリーブオイルでその他どのような料理が作れるのでしょうか?

新しい料理に挑戦しませんか?

当ウェブサイトのレシピ集をどうぞご利用ください。

オリーブオイルで作る様々なレシピを検索することができますよ。

スペインを代表する料理パエリアにもぜひトライしてみてください。

構えずに、自然に毎日の食習慣に簡単に取り込むだけでいいのです。

簡単でしょ。

 

日常の食生活に摂取すべきスペイン産オリーブオイルの量はどれぐらいでしょうか?

著名なPREDIMEDの研究報告によると、薦められている日々のオリーブオイル摂取量は40ミリリットル。

これだけで健康にもたらされる恩恵を満喫できるのです。

サラダの味付けや牛肉または魚を調理する際に大さじ2杯を加えるだけで十分です!

女性の買い

 

【他にもたくさん!オリーブオイルで作るおすすめレシピ】

 

オリーブオイルで作れるレシピはまだまだたくさんあります!
どうぞオリーブオイルのレシピ集をご覧ください!

 

【オリーブオイルと健康に関するおすすめ記事】

 

私たちの Twitter、 Instagram Facebook をフォローして、オリーブオイルを使った最高のレシピと料理のコツ、その他多くのお役立ち情報を見つけましょう。

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?

306月 | 21 赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?
ヘルシーな油脂として世界でも有名なオリーブオイル。今回は赤ちゃんとオリーブオイルについてお話ししたいと思います。 オリーブオイルは赤ちゃんにとってもヘルシーなのでしょうか?  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。