毎日のオイル
ブログへ戻る
9月 07, 2017

【プロ伝授】もうスーパーで迷わない!オリーブオイルの選び方

スーパーマーケットで買うオリーブオイルの正しい選び方

スペイン産オリーブオイルは健康的で美味しい上に良質なため、毎日料理する上で最高のパートナーだと赤堀博美先生はThe Good Life Recipeで語っています。

スーパーに行った際、どのオリーブオイルが一番いいのか迷ってしまうという方。

この記事を読めば、作りたいお料理にピッタリなオリーブオイルを見つけることができるはずですよ。

スーパーマーケットで買うオリーブオイルの正しい選び方

今回は、皆さんが特に疑問に思っている3つの質問にお答えします。

オリーブオイルは何種類あるのでしょうか?

3種類のオリーブオイルが存在します。

作るお料理など、必要に応じて使い分けることができます。

  • エクストラバージンオリーブオイル:オリーブ果汁100%で、バージンオリーブオイルの最高品質にあたります。
    完璧かつ上質の風味を持っています。
    特にマリネサラダなどの冷たいお料理、ソースや様々なお料理の最後の隠し味に使うこともお勧めします。

  • バージンオリーブオイル:同じくオリーブ果汁100%。とても良い風味のオイルです。
  • オリーブオイル:精製オリーブオイルに、バージンオリーブオイルまたはエキストラバージンオリーブオイルを混ぜたもの。揚げ物やソースや煮物などを作る際にもオイルが持つ特性が失われないため、特に高温での使用がおススメ。
    上手な揚げ方や、天ぷらなどで残ったオリーブオイルの再利用方法は、次の記事をご覧ください。
    【【オリーブオイルで揚げ物】上手に揚げるコツは?レシピもご紹介】
    【油の再利用!オリーブオイルを正しく再利用する10のアドバイス】

スーパーマーケットで買うオリーブオイルの正しい選び方

なぜスペイン産オリーブオイルを選ぶことが好ましいのでしょうか?

なぜなら、私たちはオリーブオイルのワールドリーダーだからです。

スペインでは、何百万人もの人がオリーブオイルを日々使用しています。

スペインはオリーブオイルの生産量世界第一位、そして輸出における世界的リーダーです。

世界で消費されているオリーブオイルの2本に1本はスペインのオイルが含まれていることをご存知でしたか?

今年の生産量は百万トンに到達する予定ですが、このような節目となる数字は、ひとえにその極めて高い品質の賜物です。

この品質は決して偶然ではありません。

私たちは当分野における研究開発革新のリーダーであり、オリーブ畑と当産業の向上に全力を尽くしています。

我が国のオリーブの実は262種類以上も品種があり、その香り・味の多様性は世界一。

品質にしても、味にしても、スペイン産オリーブオイルを選べば間違いはありません。

世界のマーケットのオリーブオイル売り上げ約50%を、スペインが占めています。

日本は、個人向けや業務用ともにオリーブオイルの買い付けにおいて世界的レベルで最も成長が早いマーケットです。

スーパーマーケットで買うオリーブオイルの正しい選び方

どのように確認すれば、スペインのオリーブオイルだと分かるのでしょうか?

お店でスペインのオリーブオイルをお選びいただくためには、容器に張られているラベルを見ていただき、製品の生産地をご確認ください。

まだこの他になにかご質問がおありですか?

お気軽に当サイトにお問い合わせいただければ、スペインのオリーブオイルについてお答えします。

ご連絡お待ちしております。

フェイスブックツイッターからでもお問い合わせいただけます。

さあ、これで次からはスーパーで迷うことなく最適なオリーブオイルを選ぶことができますね。

オリーブオイルを選んだら、そのオリーブオイルにピッタリな調理法で料理することが重要です。

スーパーマーケットで買うオリーブオイルの正しい選び方

オリーブオイルが高温に一番強いオイルだということも、ご存知でしたか?

オリーブオイルを使った揚げ物がよりヘルシーなワケは、この記事をご覧ください。

 

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?

306月 | 21 赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?
ヘルシーな油脂として世界でも有名なオリーブオイル。今回は赤ちゃんとオリーブオイルについてお話ししたいと思います。 オリーブオイルは赤ちゃんにとってもヘルシーなのでしょうか?  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。