毎日のオイル
ブログへ戻る
11月 15, 2017

【オリーブオイルで揚げ物】上手に揚げるコツは?レシピもご紹介

オリーブオイルで揚げ物

 

揚げ物が健康に良くないって言っているのは誰?

 

毎日の生活において、『何をするか』と同じように重要なのは『どのようにするか』。

揚げ物をする際もそれと同じ。

つまり、適切な方法で揚げ物をすることは、正に『健康』の同意語なのです。

オリーブオイルを柱の1つとする世界的に名高い地中海ダイエットが、そう証明しています。

オリーブオイルで揚げ物

 

オリーブオイルが他のオイルよりも揚げ物に良い理由

 

オリーブオイルが、揚げ物に最も適したオイルだと確信する料理人が増えてきました。

オリーブオイルを使った上手な揚げ方を知っていれば、揚げ物でも健康的に良いのです。

オリーブオイルで揚げ物を作るメリットは、

  1. オリーブオイルは高温(180゜C)にも耐え、その全特性を失わない唯一の油であること。
  2. 素材の表面にカリカリな層を作り、中へ油を浸透させずに素材の味を強める特徴を備えているため、食材を保護する油として最も優れていること。

食材は柔らかいままで、ビタミンや特性を維持します。

次の動画では、スペイン版フレンチトースト「トリハス」をどの様に美味しく揚げられるか、揚げた後にどれだけ油が残っているかをご覧いただけます。

揚げたトリハスは中がとろ~り外はサクサク!

オリーブオイルが揚げ物に最適だと確信するグルメな人が日増しに増えているのも、偶然ではないのです。

この動画をご覧になれば、揚げ物が体に悪いと言っていた人も意見が変わるはずですよ!

 

オリーブオイルを使った揚げ物は、揚げ方が肝心!

 

揚げ方を知ることはとても大切です。

揚げ物が上手くできない原因は、多くの場合キチンとした正しい揚げ方をしないため、油の化学構造の変化を引き起し、優良な成分を失ってしまうのです。

適切な方法で食材を揚げることは、健康そのものなのです

グラナダ大学の研究によれば、エキストラバージンオリーブオイルで揚げた野菜は、オイルが持つフェノールが野菜自体に移され、抗酸化能力を向上させることが分かっています。

これらの化合物は、心血管疾患における危険因子の一つである血中コレステロールの酸化を防止することを促します。

オリーブオイルで揚げ物

オリーブオイルを使った揚げ方の4つのコツ

 

さあ、ここから本題へ!

上手な揚げ方のコツを知って、キチンとした揚げ方を学びましょう。  

もう失敗はなしです。

金色に輝く、パリッとした揚げ物を作りましょう!

その1【基本レベル】:オリーブオイルはたっぷりと!

フライパンの中で食材が完全に覆われるよう、オリーブオイルをふんだんに使うこと。
こうすることで揚げ方が均一になり、うっかり食材を焦がしてしまったり、柔らかくなり過ぎたりするのを防ぎます。

オリーブオイルで揚げ物

 

その2【常識レベル】:

揚げる食材は少しずつ、ゆっくりと入れましょう。
熱い油がはねるのを避けたり、温度が急激に下がらないようにするためです。

オリーブオイルで揚げ物

その3【重要レベル】:食材の水分は完全に切る

水滴は、油をはねさせます!

 

その4:フライパンに蓋はしない

蓋をしないことにより、蒸気が水滴になって油に落ちるのを防ぎます。

オリーブオイルで揚げ物

 

オリーブオイルで揚げ物を作ろう!レシピ紹介

では、実際にオリーブオイルで揚げ物を作ってみましょう!

 

【オリーブオイルで作るおすすめレシピ】

 

この他にもオリーブオイルで作れるレシピはまだまだたくさんあります!
どうぞオリーブオイルのレシピ集をご覧ください!

 

【オリーブオイルの使い方に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイル基礎知識に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイルと健康に関するおすすめ記事】

 

 

————————–

 

オリーブオイルについてもっと知りたくないですか?

FacebookTwitter 、 Instagramを通じてご質問をお寄せください。

オリーブオイルで美味しく健康的な毎日を送りましょう!

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?

306月 | 21 赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?
ヘルシーな油脂として世界でも有名なオリーブオイル。今回は赤ちゃんとオリーブオイルについてお話ししたいと思います。 オリーブオイルは赤ちゃんにとってもヘルシーなのでしょうか?  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。