毎日のオイル
ブログへ戻る

10月 06, 2020

【唐揚げの揚げ方】オリーブオイルで上手に揚げる9つのコツ

唐揚げはオリーブオイルで! 正しい揚げ方を学ぼう

唐揚げは、食材を美味しくいただく方法の1つ。手順がシンプルなため、美食の世界において最も普及している調理法です。食材を揚げるのは簡単かもしれませんが、味や性質を維持するにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。唐揚げだけでなく、野菜や魚の素揚げ、とんかつ・天ぷらにも使える揚げ方のコツ9つをご紹介しましょう。

【唐揚げの揚げ方のコツ1】正しく解凍する

唐揚げを作るときに限らず、とんかつや天ぷら、素揚げには、冷凍肉を使用するならキチンと解凍することが大切です。揚げても内部が冷たいままになってしまう可能性があるからです。少なくとも24時間は冷蔵庫に入れておくのが、食品の正しい解凍方法です。保冷されたままゆっくりと解凍していき、栄養価や風味は維持されます。

【唐揚げの揚げ方のコツ2】 揚げる前に十分に水分を切る

余計な水分が少ないほど質の高い揚げ物になります。油のはねや火傷を避けるほか、オリーブオイルを再利用できる可能性も高くなります。素揚げの場合だけでなく、パン粉や衣をつける前にも、キッチンペーパーを使ってできるだけ余分な水分のない状態にしておきましょう。

【唐揚げの揚げ方のコツ3】 スペイン産オリーブオイルで揚げる

揚げる油の質は重要です。揚げ物は、スペイン産オリーブオイルを使ったものが一番健康に良いのです。オリーブオイルはとても栄養価が高いオイル。オレイン酸を主成分とし、血中コレステロール値を改善してくれます。

オリーブオイルには栄養が含まれており、多くの効果をもたらします。その1つが、コレステロール値を改善するオレイン酸です。スペイン産オリーブオイルはヘルシーなのに加えて、揚げ物に使ったオイルを5回まで再利用できます。

【唐揚げの揚げ方のコツ4】 適量な油

フライヤーを使うなら、フライヤーの内側にある計量メモリ通りに油を注ぎましょう。フライパンや鍋で適切に揚げるには、食材を十分に覆う量のスペイン産オリーブオイルを使いましょう。両面が均等に揚がるよう、食材をトングでひっくり返すスペースも必要です。

【唐揚げの揚げ方のコツ5】揚げたときの油切り

フライパンやフライヤーから取り出したら、吸収性のよいキッチンペーパーの上に置いて余分な油を落とします。

【唐揚げの揚げ方のコツ6】適切な温度で揚げる

すべての食材が同じ温度で揚がるわけではありません。揚げ物をするには必ず十分に熱したオリーブオイルで揚げる必要があります。しかし、揚げ物が大きいほど調理に時間がかかるので、その分低い温度で揚げるというルールを念頭に置いておきましょう。そうすれば、完璧な揚げ物ができますよ。外はカリカリ、中はとってもジューシーで柔らかく仕上がります。

【唐揚げの揚げ方のコツ7】小分けにして揚げる

一度にまとめて揚げるよりも、少量ずに分けて揚げるのがいいでしょう。そうしないとオリーブオイルを冷やしてしまい、上手に揚がりません。

素揚げはスペイン産オリーブオイルで揚げるのが一番

【唐揚げの揚げ方のコツ8】味の混合に注意

スペイン産オリーブオイルは、フライパンや鍋で揚げたあとの油を何度も再利用できるのはすでにご存じの通り。しかし、味を混ぜてはいけません。魚を揚げた油は、鶏肉の揚げ物に再利用しないでください。その逆も同様です。使用済みのオリーブオイルはそれぞれ別の容器に保管し、必要なときに食材に合った保管オイルを使用します。

【唐揚げの揚げ方のコツ9】異なるオイルで揚げない

揚げ物にはオリーブオイルを使用することをお勧めしますが、オイルの種類によって特性や煙点が違うので、サラダ油など他のオイルと混ぜて揚げることは絶対に避けましょう。スペイン産オリーブオイルのメリットをすべて得るためには、このオイルだけで揚げる必要があります。

今回は、唐揚げだけに限らず、天ぷらや素揚げ、フライドポテトコロッケなども含めた、あらゆる食材を上手に揚げるためのヒントをご紹介しました。

これらのコツを活かして、スペイン産オリーブオイルで揚げた揚げ物をどうぞお楽しみください!

 

 

0 コメント

関連する投稿

スペイン風鴨南蛮蕎麦

114月 | 24 スペイン風鴨南蛮蕎麦
カモ南蛮そば スペイン産オリーブオイルの風味が加わった、美味しい鴨とそばの絶妙な組み合わせ。新しいそばの味をお楽しみください。 材料 そば:3束 ネギ:1本(3cmの切片) 鴨のスライス:15枚 生姜(チューブ):5cm 酒:大さじ3(鴨を味付けするために大さじ1、調味のために大さじ2) 塩・こしょう:適量 スペイン産オリーブオイル、大さじ2 めんつゆ(3倍希釈)と白だし:各50cc みりん(料理用甘味酒):大さじ2 醤油:大さじ2 鰹節:1パック 水:1000cc 油揚げ(任意):1枚 エリンギ(任意):1パック ゆず(任意):適量 調理方法 鴨、生姜、酒大さじ1、塩、こしょうをビニール袋に入れてよくもみこむ。 野菜を切る。油揚げを使う場合は最後に切る。 鍋に鰹節と水を入れて沸騰させる。...
0

春に食べたいスペイン風サラダ特集

104月 | 24 春に食べたいスペイン風サラダ特集
春風がそよぎ、暖かい日が続く日に食べたくなるのがサラダ。春に旬を迎える野菜の多くは、生で食べることができるものが多くありますよね。そこで、今回はスペイン産オリーブオイルで作る春に食べたいスペイン風サラダをご紹介します。   スペインらしいカラフルなサラダ 写真:Seamus Mullen, presentada en la Cumbre Anual de Liderazgo Menus of Change® de 2019. 転載ほか、無断の使用を禁じます。 日本の家庭で食べるサラダとはちょっと見た目が違いますね!さすがスペイン、カラフルで栄養バランスも完璧と言えるこのサラダは、ラディッシュとズッキーニのツナ・サラダ。ラディッシュだけでなく、紅芯大根を加えることで、お料理がパッと明るくなりますね。ドレッシングはもちろん不要、なぜならば、スペイン産エキストラバージンオリーブオイルと岩塩だけで最高に美味しいからです。 どの品種のスペイン産エキストラバージンオリーブオイルでも合いますが、おすすめの品種は、ロイヤル種です。ロイヤル種は、アンダルシア州ハエン県の郷土品種で、とってもフリーティで芳醇なイチジクのアロマが広がるのが特徴です。是非試してみてください。 スペイン流カラフルサラダのレシピを見る   春のフルーツとフォワグラのスペイン流スペシャルサラダ...
0

お花見シーズンにオリーブオイルでおいしく

203月 | 24 お花見シーズンにオリーブオイルでおいしく
  春の訪れ。過ごしやすい季節の到来で、週末ピクニックをしてお花見をする方も多いと思います。いつものお弁当をいつもの味付けではなく、スペイン産のオリーブオイルを使ったおかずを作ってヘルシーなピクニック弁当を作りませんか?   スペイン産オリーブオイルでお弁当のおかずを作ると良い理由 朝、作ったお弁当をお昼に食べる時、大切なのは「冷えてていても美味しいこと」、「香りが高いこと」、ですが、スペイン産オリーブオイルを使ったおかずにするだけで、栄養価がアップします。 なぜならば、 豊富なオレイン酸!腸活&悪玉コレステロール減少に◎ ポリフェノールたっぷり!カラダの酸化を防ぐのに◎ ビタミンAやビタミンEが豊富!美肌に◎ 香りと味わいの高さ!お料理をランクUPするのに◎ だからです。   オススメ1 サクラ・オリーブオイルオイルおにぎり スペイン産オリーブオイルをご飯に混ぜると傷みにくくなる、というのをご存知ですか?ポリフェノール類やビタミンEなどの抗酸化物質が含まれているため、おにぎりの鮮度を守ってくれます。サクラの塩漬けにオリーブオイルを加えるとさらに旨味もアップしますよ。オリーブオイルをご飯に混ぜて握っても、お米がバラバラになることはなく、お米がよりしっとりしますよ。   オススメ2 オリーブオイルの自家製マヨでサンドイッチ そしてカンタンに作れるサンドイッチもオススメですがポイントは、マヨネーズの代わりに、スペイン産オリーブオイルで自家製マヨネーズをつくること。にんにく、卵黄、レモン汁、塩、こしょうを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜたら、少しずつオリーブオイルを加えて乳化させたら出来上がり。一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富に含まれ、コレステロール値を下げる効果のあるオリーブオイルでつくることでよりヘルシーなサンドイッチになります。たまごサンドもこの自家製マヨネーズで作ると味がグレードアップします。   ピクニックの定番!一口コロッケもスペイン産オリーブオイルで また、ピクニックやお弁当に欠かせないのが揚げ物。一口大のコロッケはみんなでシェアもしやすく、ランチタイムが盛り上がります。ポイントはスペイン産オリーブオイルで揚げることです。スペイン産オリーブオイルは高温(180゜C)にも耐え、その全特性を失わない唯一の油であること高温に耐える唯一の存在。スペイン産オリーブオイルで揚げることで、オリーブオイルに含まれるビタミンEとポリフェノールなどの成分を摂ることができ、素材の表面にカリカリな層を作り、中へ油を浸透させずに素材の旨味を逃がさないため、美味しさもランクアップします。   オリーブオイルで春を美味しく、美しく、健康に...
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。