毎日のオイル
ブログへ戻る
10月 06, 2020

【唐揚げの揚げ方】オリーブオイルで上手に揚げる9つのコツ

唐揚げはオリーブオイルで! 正しい揚げ方を学ぼう

唐揚げは、食材を美味しくいただく方法の1つ。手順がシンプルなため、美食の世界において最も普及している調理法です。食材を揚げるのは簡単かもしれませんが、味や性質を維持するにはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。唐揚げだけでなく、野菜や魚の素揚げ、とんかつ・天ぷらにも使える揚げ方のコツ9つをご紹介しましょう。

【唐揚げの揚げ方のコツ1】正しく解凍する

唐揚げを作るときに限らず、とんかつや天ぷら、素揚げには、冷凍肉を使用するならキチンと解凍することが大切です。揚げても内部が冷たいままになってしまう可能性があるからです。少なくとも24時間は冷蔵庫に入れておくのが、食品の正しい解凍方法です。保冷されたままゆっくりと解凍していき、栄養価や風味は維持されます。

【唐揚げの揚げ方のコツ2】 揚げる前に十分に水分を切る

余計な水分が少ないほど質の高い揚げ物になります。油のはねや火傷を避けるほか、オリーブオイルを再利用できる可能性も高くなります。素揚げの場合だけでなく、パン粉や衣をつける前にも、キッチンペーパーを使ってできるだけ余分な水分のない状態にしておきましょう。

【唐揚げの揚げ方のコツ3】 スペイン産オリーブオイルで揚げる

揚げる油の質は重要です。揚げ物は、スペイン産オリーブオイルを使ったものが一番健康に良いのです。オリーブオイルはとても栄養価が高いオイル。オレイン酸を主成分とし、血中コレステロール値を改善してくれます。

オリーブオイルには栄養が含まれており、多くの効果をもたらします。その1つが、コレステロール値を改善するオレイン酸です。スペイン産オリーブオイルはヘルシーなのに加えて、揚げ物に使ったオイルを5回まで再利用できます。

【唐揚げの揚げ方のコツ4】 適量な油

フライヤーを使うなら、フライヤーの内側にある計量メモリ通りに油を注ぎましょう。フライパンや鍋で適切に揚げるには、食材を十分に覆う量のスペイン産オリーブオイルを使いましょう。両面が均等に揚がるよう、食材をトングでひっくり返すスペースも必要です。

【唐揚げの揚げ方のコツ5】揚げたときの油切り

フライパンやフライヤーから取り出したら、吸収性のよいキッチンペーパーの上に置いて余分な油を落とします。

【唐揚げの揚げ方のコツ6】適切な温度で揚げる

すべての食材が同じ温度で揚がるわけではありません。揚げ物をするには必ず十分に熱したオリーブオイルで揚げる必要があります。しかし、揚げ物が大きいほど調理に時間がかかるので、その分低い温度で揚げるというルールを念頭に置いておきましょう。そうすれば、完璧な揚げ物ができますよ。外はカリカリ、中はとってもジューシーで柔らかく仕上がります。

【唐揚げの揚げ方のコツ7】小分けにして揚げる

一度にまとめて揚げるよりも、少量ずに分けて揚げるのがいいでしょう。そうしないとオリーブオイルを冷やしてしまい、上手に揚がりません。

素揚げはスペイン産オリーブオイルで揚げるのが一番

【唐揚げの揚げ方のコツ8】味の混合に注意

スペイン産オリーブオイルは、フライパンや鍋で揚げたあとの油を何度も再利用できるのはすでにご存じの通り。しかし、味を混ぜてはいけません。魚を揚げた油は、鶏肉の揚げ物に再利用しないでください。その逆も同様です。使用済みのオリーブオイルはそれぞれ別の容器に保管し、必要なときに食材に合った保管オイルを使用します。

【唐揚げの揚げ方のコツ9】異なるオイルで揚げない

揚げ物にはオリーブオイルを使用することをお勧めしますが、オイルの種類によって特性や煙点が違うので、サラダ油など他のオイルと混ぜて揚げることは絶対に避けましょう。スペイン産オリーブオイルのメリットをすべて得るためには、このオイルだけで揚げる必要があります。

今回は、唐揚げだけに限らず、天ぷらや素揚げ、フライドポテトコロッケなども含めた、あらゆる食材を上手に揚げるためのヒントをご紹介しました。

これらのコツを活かして、スペイン産オリーブオイルで揚げた揚げ物をどうぞお楽しみください!

 

 

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルって太るの?

109月 | 21 オリーブオイルって太るの?
健康的、ヘルシーなことで一般的に知られているオリーブオイルですが、実際のところどうなのでしょうか。オリーブオイルを摂取することで太るのかどうか、気になる方もいらっしゃるはずです。 結論から言うと、オリーブオイルはバランスの取れた食事の中で適度に摂取すれば太らないことが科学的に証明されています。オリーブオイルは、他の油脂同様、1g当たり9kcal供給し、これ自体はカロリーの高い食品であることを意味します。 オリーブオイル、ことにエクストラバージンオリーブオイルはオレイン酸を多く含むことで有名です。人間にとって必須である一価不飽和脂肪酸に当たり、私たちの健康、特に心臓血管系に多大なメリットを与えてくれます。更に、油脂に解けた状態でないと吸収できない脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を可能にします。事実、世界保健機関(WHO)は、大人の摂取するエネルギーのうち20〜30%を脂質で補うことを推奨しています。...

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。