毎日のオイル
ブログへ戻る
12月 14, 2020

【正月料理】お正月のおもてなしにスペイン料理はいかが?

お正月料理にはスペイン料理でおもてなしをしよう!

12月も進み、そろそろお正月の計画を考える時期になってきました。
親戚やお友達をまねいてホームパーティーをしたいと思っている方も多いでしょう。
そんな時に悩むのがおもてなし料理ですが、スペイン料理でのおもてなしはいかがでしょうか?
おもてなしだけでなく、毎年恒例のおせち料理は飽きたという方にも、家族で新年を祝う正月料理としてスペイン料理は一押しです!

今回は誰もがあっと驚くような、一味違ったスペイン風のお正月料理をご紹介します。

ここでご紹介する料理には、全てスペイン産オリーブオイルが使われています。
スペインは世界最大のオリーブオイル生産国であり、スペイン料理はオリーブオイルをベースにしています。
世界でも名高いスペイン料理には、なぜオリーブオイルが使われているのでしょうか?

いろいろな理由がありますが、一つはそれぞれのオリーブ品種が持つ素晴らしい風味にあります。
あらゆる食材に良く合い、風味を引き立てます。
もう一つは、健康によいという特性です。
スペイン産オリーブオイルは、健康とカラダづくりの源となっています
オレイン酸を主成分とすることで、血中コレステロール値を改善し、心血管疾患のリスクを低下させることがPRIMEDの研究で実証されています。

さらに、1日に約20グラムのスペイン産オリーブオイルを摂取すると、ポリフェノールなどの天然の抗酸化物質が多く含まれているため、酸化ダメージから細胞を保護する効果があります。

これで、スペイン産オリーブオイルが万能なオイルだということがお分かりいただけましたでしょうか?

では、絶品ヘルシーなスペイン風お正月料理を見てみましょう!

お正月料理スターター

スターターにはスペイン風のクリームコロッケがピッタリ!
中はクリーミーで外はカリカリ、誰にでも喜ばれること間違いなしです。
コロッケのベースとなるのはベシャメルソースで、一度作ってしまえば本当にいろいろな具材を入れることができます。

生ハムコロッケキノコのコロッケエビコロッケなどが作れます。
どれもとても美味しいですが、招待客をアッと言わせたいなら、全部作ってコロッケ盛り合わせとして出してみるのがおススメです。
揚げ方のコツは、熱々のスペイン産オリーブオイルをたっぷり使って揚げることです。

オリーブオイルで作る生ハムコロッケ

コロッケ盛り合わせの他に、次にご紹介するタパスの中から1つを選んで出すと、最高のスターターとなるでしょう。

  • 魚の角切りパストール風
  • 甘酢ポレンタとゴーダチーズのソーセージ
  • 芽キャベツのオリーブオイル炒め

一風変わったタパスで、いつもより特別なお正月になること間違いなしです。

お正月料理メインディッシュ

お正月料理のメインディッシュには、2つのオプションをご用意しました。

ひとつはスペイン料理を代表的する料理の一つであるパエリア
野菜や鶏肉が入った絶品お米料理で、とても簡単に作れます。

もっと古典的なものがお好みなら、ローストチキンのレシピをお勧めします。ローストチキンはとてもジューシーで素晴らしい味わいですが、鶏肉の代わりに、ヨーロッパのお正月やクリスマスの伝統を守って七面鳥を使ってもかまいません。

オリーブオイルで作るローストチキン

お正月料理デザート

次はお待ちかねのデザート!
まだお腹に余裕があるなら、この時期にスペインでよく食べる「ロスコン」ケーキでメニューを締めくくるのはどうでしょう。

ロスコン・デ・レジェスは、砂糖漬けのフルーツと生クリームが入ったスペインの典型的なスポンジケーキで、クリスマスから1月上旬まで作られます。
とても美味しい上、非常に面白い伝統があります。
あなたが食べたケーキに一粒の豆が入っていたら、次の年のロスコンはあなたがみんなのために買うことになります。

もっと軽いデザートがお好みなら、一口サイズのチョコレートケーキもお正月料理の締めくくりにおススメです。チョコレート、スポンジケーキ、ナッツ、イチゴは、誰もが大好きな組み合わせですよね。

お正月の朝食に、もうひとつアイデアを。
スペイン産オリーブオイルで揚げたチュロスをホットチョコレートと一緒にいただきます。
いつもとは違う、特別なスペイン風朝食を召し上がれ。
きっと、チュロスが大好きになるはずです。

今回ご紹介したレシピが、いつもとは違うお正月料理を準備するきっかけになってくれれば幸いです。
もちろん、お正月だけでなくほかの時期にも使えるレシピなので、ぜひいつでもお試しください。

調理には、スペイン産オリーブオイルを使うのをお忘れなく!
オリーブオイルの正しい使い方を学びたい方は、オリーブオイルでの上手な揚げ方について書いてあるこちらの記事がおススメします。

 

【オリーブオイルで作ろう!年末年始におすすめのレシピ】

 

【オリーブオイルと健康・美容に関するおすすめ記事】

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルって太るの?

109月 | 21 オリーブオイルって太るの?
健康的、ヘルシーなことで一般的に知られているオリーブオイルですが、実際のところどうなのでしょうか。オリーブオイルを摂取することで太るのかどうか、気になる方もいらっしゃるはずです。 結論から言うと、オリーブオイルはバランスの取れた食事の中で適度に摂取すれば太らないことが科学的に証明されています。オリーブオイルは、他の油脂同様、1g当たり9kcal供給し、これ自体はカロリーの高い食品であることを意味します。 オリーブオイル、ことにエクストラバージンオリーブオイルはオレイン酸を多く含むことで有名です。人間にとって必須である一価不飽和脂肪酸に当たり、私たちの健康、特に心臓血管系に多大なメリットを与えてくれます。更に、油脂に解けた状態でないと吸収できない脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を可能にします。事実、世界保健機関(WHO)は、大人の摂取するエネルギーのうち20〜30%を脂質で補うことを推奨しています。...

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。