毎日のオイル
ブログへ戻る
1月 21, 2014

【新感覚!】オリーブオイルを使ったジン・トニックの作り方

1:1, 1:2, 1:3 y 2:3とは、何のことかご存知でしょうか?

ジン・トニックがお好きな方でしたら、すぐ分かりますよね。

これは最もおいしいジン・トニックを作るための、ジンとトニックウォーターのお勧め割合を示したもの。

この有名なカクテルについて、全てご存知だと思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いかもしれません。

このカクテルは猛スピードで進化しているので、そのスピードに追いつくのは大変。

材料、作り方、レシピ…ジン・トニックの世界はとどまるところを知らないのです。

アメリカ、フランス、スペインなどではジン・トニックがとても流行っていますが、他の国でも同じようにファンが増え始めています。

カクテルの世界では、もうすでにクラシックなジントニック。

ジンとトニック・ウォーターの基本的な組み合わせ自体には全く変化がありませんが、ジン・トニックの流行はさらに変化を遂げ、今、数え切れないほどの新しいおしゃれなジントニック・レシピが誕生しています。

カンゾウエキス、コーヒー、木イチゴ類、シトラスフルーツ、ブラックベリー、イチゴ、ペッパーなど、様々な風味を味わうことができます。

今回、あなたとシェアしたいレシピがひとつあります。

それは、ジン・トニックに使うことなど想像できない材料…、オリーブオイルです!

なにを隠そう、今、最もファンが増えているレシピはオリーブオイルを使っているジン・トニックなのです。

料理するときにしか使わないと思ってました?

そんなことないんですよ。

オリーブオイル入りのジン・トニックは特別な風味を出す上、黄金の液体本来の栄養分もそのまま。

この食材を加えることにより、よりきめ細かいドリンクになってさらに力強く深みのある味になると、プロのバーテンダーも教えてくれました。

 

【オリーブオイルを使ったジン・トニックの作り方】

 

ポイントは、グラスをスノースタイルにすること。

方法はとても簡単。

まず、オイルを入れたお皿の上にグラスの縁をおいた後、同じように砂糖を入れたお皿にグラスの縁をおきます。

グラスを冷蔵庫に入れて冷やします。

一日に一回、バージンオリーブオイルを大さじ2杯飲むと身体に良いと、薦める専門家もいるくらいなので、このドリンクはオリーブオイルを摂取するいい手といえます。

オリーブオイルはカクテルのクオリティを上げ、独特のきめ細かさを与えるのです。

さらに、他のカクテルでは実現しがたい口の中に広がる長い余韻をもたらします。

多くの方々と同じように、私達もジン・トニックのファンです。

だからこそ、みなさんと一緒にこのレシピを楽しみたいと思いました。

あなたはオリーブオイルを使ったジン・トニックを試したことがありますか?

他にも驚くようなジン・トニックを知っていますか?

そして、オリーブオイル入りの他のカクテルは?

体験談をどうぞ聞かせてください!

オリーブオイルとジン・トニック、新感覚の流行

 

【他にもたくさん!オリーブオイルで作るおすすめレシピ】

 

【オリーブオイルで作るおすすめお菓子・スイーツ】

 

【オリーブオイルと健康・美容に関するおすすめ記事】

 

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?

306月 | 21 赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?
ヘルシーな油脂として世界でも有名なオリーブオイル。今回は赤ちゃんとオリーブオイルについてお話ししたいと思います。 オリーブオイルは赤ちゃんにとってもヘルシーなのでしょうか?  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。