毎日のオイル
ブログへ戻る
1月 20, 2021

簡単!オリーブオイルで作る美味しい和風ドレッシングレシピ7選

簡単おいしい和風ドレッシングレシピには、スペイン産オリーブオイルが欠かせません

毎日の習慣に限らず、あらゆるレベルでマンネリ化から抜け出せないことがありますよね。
料理についても同じことがいえ、面倒だったり時間がなかったりしていつも同じ料理を作ってしまいがちで、食事をつまらないものにしてしまいます。

しかしちょっとした工夫で、まったく違ったおいしい料理が得られますよ。

サラダを例にあげてみましょう。
ドレッシングを変えるだけで、サラダの味が全く新しい刺激的なものになるのを考えたことがありますか?

そこで今日は、より食欲をそそるサラダを作るための和風サラダドレッシングの作り方を学びましょう。
ナトリウムを多く含む醤油を使っているものがほとんどなので、どれも塩を加える必要がないとがわかるはずです。

1. 醤油ドレッシング (基本の和風ドレッシング)

日本の醤油と並んで和風ドレッシングに欠かせないのが、スペイン産エクストラバージンオリーブオイルです。
これらのオリーブオイルはどれもドレッシングに素晴らしい風味を与えますが、好みやニュアンスに合わせて様々な種類を選ぶことができます。
例えば、よりニュアンスのある香りと風味が楽しめるアルベキーナ種や、よりスパイシーで苦味のあるピクアル種などです。
スペインでは、200種類以上のオリーブが栽培されています。

和風ドレッシングの基本となるのは、スペイン産エクストラバージンオリーブオイル、醤油、米酢です。
この基本ドレッシングは、単に「醤油ドレッシング」とも呼ばれています。

これを元にいくつかの材料を加えて、一味違う和風サラダドレッシングを作ってみましょう。

2. 生姜とニンニクのドレッシング

その名の通り生姜が入っているので、この和風ドレッシングは生姜好きの方におススメです。
刺激的で突き抜けるような味には多くの人がとりこになり、その健康効果はよく知られています。
生姜パウダーを使用しても良いですが、生の方がはるかに美味。ニンニクのみじん切りを加え、お好みで砂糖を少々加えることで、生姜の風味をまろやかにできます。

スペイン産オリーブオイルを使った和風サラダドレッシング

3. 味噌ドレッシング

ベースとなるドレッシングに少量の味噌とすりおろした生姜、レモン汁を加えることで、とてもリッチなドレッシングになります。
味噌を和風ドレッシングに使うと、上品な味わいになります。
豆腐や魚は味噌に漬け込む調理法もあることから、これらの食材を使ったサラダや和え物には味噌ドレッシングがピッタリ。
炒り胡麻も使えば、シャキシャキとした食感が得られておススメです。

4. 和風マヨネーズ

スペイン産オリーブオイルを使った手作りマヨネーズのレシピ」で美味しいマヨネーズの作り方を覚えたら、これを元に新しいドレッシングを作ることができます。
マスタード、パセリ、米酢、胡椒を少々加えて和風テイストにすると、ぐっと食欲をそそるサラダになりますよ。

5. オニオンドレッシング

定番の和風ドレッシングの上に玉ねぎを半個おろしてかけると、生姜のような味の強い食材に頼らなくとも、さっぱりとした味わいが出せます。
玉ねぎと炒りごまの相性も抜群で、ドレッシングに歯ごたえを与えます。

6. ごまドレッシング

これよりシンプルな和風ドレッシングが他にあるでしょうか?
唐辛子、ごま油、煎りごま、黒砂糖を少し加えるだけで、醤油ドレッシングがより上品で心地よいものになります。
美味しいトマトにかけるドレッシングにぴったりです。

7. 柚子こしょうとポン酢のドレッシング

このドレッシングだけは例外で、材料は3つのみ。
九州特有のスパイスをミックスした緑の柚子こしょうと定番のポン酢ソース、スペイン産オリーブオイルを大さじ数杯加えれば、香り豊かな和風サラダドレッシングのできあがりです。
柚子こしょうは味が濃いので、最初は少しずつ入れ、ドレッシングに入れすぎないように気をつけましょう。

これでサラダを和風に仕上げるアイデアが増えましたね。
全部で7種類のドレッシングがあるので、ぜひ全部お試しください!

スペイン産オリーブオイルでできるドレッシングはまだまだあります。
もっと試してみたい!という方は、ぜひこちらの記事をごらんください。
簡単おいしく、ヘルシーなドレッシングの作り方満載です。

>>> 超簡単!オリーブオイルで美味しい手作りドレッシング

 

【他にもたくさん!オリーブオイルで作るおすすめレシピ】

 

オリーブオイルで作れるレシピはまだまだたくさんあります!
どうぞオリーブオイルのレシピ集をご覧ください!

 

【オリーブオイルの使い方に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイル基礎知識に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイルと健康に関するおすすめ記事】

 

 

 

 

 

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルって太るの?

109月 | 21 オリーブオイルって太るの?
健康的、ヘルシーなことで一般的に知られているオリーブオイルですが、実際のところどうなのでしょうか。オリーブオイルを摂取することで太るのかどうか、気になる方もいらっしゃるはずです。 結論から言うと、オリーブオイルはバランスの取れた食事の中で適度に摂取すれば太らないことが科学的に証明されています。オリーブオイルは、他の油脂同様、1g当たり9kcal供給し、これ自体はカロリーの高い食品であることを意味します。 オリーブオイル、ことにエクストラバージンオリーブオイルはオレイン酸を多く含むことで有名です。人間にとって必須である一価不飽和脂肪酸に当たり、私たちの健康、特に心臓血管系に多大なメリットを与えてくれます。更に、油脂に解けた状態でないと吸収できない脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を可能にします。事実、世界保健機関(WHO)は、大人の摂取するエネルギーのうち20〜30%を脂質で補うことを推奨しています。...

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。