毎日のオイル
ブログへ戻る

9月 15, 2018

【ガスパチョレシピ】オリーブオイルで簡単お洒落なガスパチョ

世界中で親しまれていて、ヘルシーで美味なことから日本でも大人気のガスパチョ。

今回は、スペイン産オリーブオイルを使ったガスパチョのレシピについてご紹介します。

作り方はとっても簡単。

基本編では本格的なガスパチョのレシピを、応用編ではホームパーティーにぴったりのとってもお洒落なアレンジレシピをご紹介!

ぜひお試しくださいね!

ガスパチョを作るには、どのオリーブオイルがおススメ?

オリーブオイルで作るガスパチョのレシピ

ガスパチョには、どんなタイプのオリーブオイルが最適でしょうか?

トッピングにはガスパチョに使われている野菜を細かく刻んで付け合わせるのが伝統的ですが、どのオリーブオイルを選ぶかが、その味と癖になるクリーミーな触感を与える重要なポイントです。

使用するのは、やはりスペイン産のエキストラバージンオリーブオイル

その中でもおススメは、ピクアルという品種のエキストラバージンオリーブオイルです。

ピクアルはアンダルシア地方のオリーブの王様ともいえる、個性の強いオリーブオイル。

とても強い抗酸化作用、豊富なポリフェノール、濃縮で素直、そしてトマトの苗を思い出させるフレッシュな味わい、さらにこの料理を際立たせます。

オリーブの品種についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もおススメです。

【オリーブの品種16選!それぞれの種類の特徴をご紹介】

 

 

【基本編】簡単!オリーブオイルで作る、本格ガスパチョのレシピ

オリーブオイルで作るガスパチョのレシピ

オリーブオイルで作るガスパチョの作り方を、ステップバイステップでご紹介します。

今回の付け合わせは、プロバンスハーブと共にオーブンで焼いたカリカリクルトン。

先にお話ししたピクアル種のスペイン産エキストラバージンオリーブオイルを使いますが、実際には各自お好みのオイルをお使いいただけます。

スペインでは260種類以上ものオリーブの品種があります。

それぞれの好みは違えども、どれも美味しい上に大変ヘルシーです。

この後に続く応用編では、今までとは全く趣向の異なったオリジナリティー溢れる簡単&お洒落なガスパチョのレシピをご紹介します。

お楽しみに!

 

ガスパチョ、基本の作り方

 

【材料(4人分)】

  • 完熟トマト1キロ、
  • きゅうり½本、
  • 赤ピーマン½個、
  • 甘めの玉ねぎ¼個、
  • にんにく1かけ、
  • パン(全粒粉でないもの)1枚、
  • スペイン産エキストラバージンオリーブオイル(ピクアル種)100ml
  • レモン1個、
  • クルトン用:パン数枚、ハーブ(タイム、ローズマリー、オレガノなど)、塩、スペイン産バージンオリーブオイル(引き続きピクアル種を使います)

 

【手順】

  1. トマトを洗い、包丁の先を使って皮に十字の切り込みを入れます。
  2. トマトを湯にくぐらせるため、お鍋に湯を沸かします。
  3. 湯がわき始めたところで、トマトを一個ずつ鍋にいれ、45秒ほど湯に浸けます。
  4. トマトを素早く熱湯から出し、氷が入った冷水に移します。この温度差により、トマトの皮が縮み、簡単に皮が剥けます。
  5. トマトの皮を剥き、4つ切りにします。
  6. パンを小さい角切りにします。
  7. ボールにカットしたトマトをいれ、トマトの全水分が出るよう塩(小さじ1)をふり、パンとスペイン産バージンオリーブオイル(大さじ3)を加えます。
    よくかき混ぜましょう。
  8. 20分間ねかせます。
  9. 残りの野菜を全て刻み、トマトが入っているボールに入れます。
  10. ハンドブレンダーかフードプロセッサーで均一になるまでよくかき混ぜます。
  11. ほぼ均一になったらピクアル種エキストラバージン、レモンの搾り汁、塩を加え、味を調えます。
  12. 後は、この味わいある一品の付け合わせ、クルトンを作るだけです。
  13. パン4枚をとても小さいサイコロ状に切ります。
    その際、はさみを使って切ると切り口がキレイで整った形に出来上がります。
  14. オーブントレーに切ったパンをのせ、塩と自宅にあるハーブ(オレガノ、ローズマリー、タイム、バジルなど)をふるい入れ、その上からバージンオリーブオイル(ピクアル)をふんだんにかけ、2分間オーブンでグリルします。
    オーブンの火力はご家庭によって違うと思いますが、パンを焦がさないよう気をつけてください。
    クルトンを多めに作って密封容器で保存すれば、暖かいポタージュやスープ、サラダなどに大活躍します。
  15. クルトンの準備もできました。
    よく冷やしたガスパチョにスペイン産オリーブオイルで模様を描いてサーブします。

 

さあ、地中海食が贈るこのごちそうを楽しみましょう!

 

【応用編】オリーブオイルで作る、簡単&お洒落なガスパチョのレシピ

オリーブオイルで作るガスパチョレシピ

普段とは違う味付けをして、みんなをあっと言わせるのはとても楽しいものですよね。

そこで、オリジナリティー溢れる新たなガスパチョの付け合わせをご紹介します。

どれもきっと気に入ってもらえるはずですよ。

 

【ガスパチョレシピ・アレンジ1】ミントのアイスを添えて

見かけも素敵なミントのアイスボールを添え、小さめのコップでサーブします。

ガスパチョとアイスが醸し出すひんやりとした食感と贅沢な味わいは皆を虜にし、一気に食さずにはいられないことでしょう。

友人とのディナーの前のアペタイザーとして振る舞ってみてはいかがでしょう。

オリーブオイルを使ったガスパチョのレシピ

 

【ガスパチョレシピ・アレンジ2】イチゴと共に

細身のシャンパングラスを利用して、小さく刻んだイチゴのトッピングもお勧め。

よく冷やしてからゆっくり飲むと、とても良い口当たりが楽しめます。

イチゴをガスパチョの材料に混ぜてみるのもいいですよ。

フルーティーでエキゾチックな味わいが食欲をそそります。

この場合、アルベキーナ種のエキストラバージンオイルがおススメ。

アルベキーナ種がもつフルーティーな香りと甘くまろやかな口当たり、マイルドな味わいはこの変わりガスパチョにぴったり。

オリーブオイルを使ったガスパチョのレシピ-イチゴと共に

 

【ガスパチョレシピ・アレンジ3】アカザエビ入りガスパチョ

味わい深いアカザエビとガスパチョの相性も抜群です。

スペイン産エキストラバージンオリーブオイルで焼くだけなのに、驚くべきこの旨さ。

この場合、海の味をさらに強めるコルニカブラ種のオリーブオイルを是非使ってみてください。

海と山の見事なコラボ、忘れられない一品になること間違いなし。

アカザエビ入りオリーブオイルのガスパチョのレシピ

このように、ちょっとした想像力と格別なドレッシング「スペイン産オリーブオイル」があれば、様々な付け合わせと共に盛り付けを変えてガスパチョをおいしくお召し上がりいただけます。

この他にも、新しい味を冒険するのがお好きな方は、具材を少し変え、トマトの分量の¾をプラム、チェリー、またはジューシーなスイカに変えるのもお勧め。

トマトと同じくらいひんやりとした食感ですが、選ぶフルーツにより、随分違った味わいが楽しめます。

この場合、ピクアルよりもマイルドで甘めなスペイン産オリーブオイルをお使いになれば、もう言うことなし。

このバージョンにピッタリの付け合わせはミントの葉を添えたヤギのチーズ。

ケ・アプロベチェ!(さあ、召し上がれ!)

ガスパチョレシピ-オリーブオイルとミントのアイスを添えて

 

 

「ガスパチョ」とは?

オリーブオイルを使ったガスパチョのレシピ

「ガスパチョ」とは、美味くヘルシーな冷製トマトスープ。

スペイン産オリーブオイルと同じくスペイン生まれで、この国の代表的な料理です。

地中海食のシンボルの一つですが、現在では世界中で大人気ですよね。

18世紀、ナポレオン3世の皇后となったウジェニー・ド・モンティジョが結婚する際にフランスに輸入し、宮殿での催し物にこの料理を導入するようになってから国外で知られるようになりました。

スペイン料理として世界中に広まったガスパチョは、野菜・塩・パンそしてスペイン産オリーブオイル特有の脂肪酸が織りなすハーモニーが見事。

ガスパチョに使われている優秀な具材は健康を促進し、血圧を下げ、更にはビタミン、ミネラル、繊維質などの豊富な栄養素を体にプレゼントしてくれます。

これらのメリットの大部分はスペイン産オリーブオイルを使うことにあります。

ビタミンEは、優れた自然の抗酸化剤として細胞膜の老化を緩和します。

ガスパチョに含まれるビタミンEの摂取は骨の形成を助け、オレイン酸は血中コレステロールをコントロールするため、病気から動脈や心臓を守る手伝いをします。

 

 

【他にもたくさん!オリーブオイルで作るおすすめレシピ】

 

オリーブオイルで作れるレシピはまだまだたくさんあります!
どうぞオリーブオイルのレシピ集をご覧ください!

 

【オリーブオイルの使い方に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイル基礎知識に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイルと健康に関するおすすめ記事】

 

私たちの Twitter、 Instagram Facebook をフォローして、オリーブオイルを使った最高のレシピと料理のコツ、その他多くのお役立ち情報を見つけましょう。

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイル世界最大産地スペインの持続可能性

201月 | 23 オリーブオイル世界最大産地スペインの持続可能性
唯一無二の大地。 オリーブオイル世界最大産地スペインの持続可能性 スペインが一のオリーブ栽培国であり、世界のオリーブオイル生産国であることをご存知ですかオリーブは、ヨーロッパ全体のオリーブの有機栽培面積は、45万ヘクタールですが、そのうちスペイン国内有機栽培面積が20オリーブはまさに国を代表する有機栽培作物です。 ほぼ 3000 年にアリーナ オリーブの木は広大で美しい大地に定着し、スペインの人々 地球上で最大のオリーブ オイル畑を引きました。 地中海のに植えられたオリーブの木から、コルドバの木の海まで、それぞれで独自のスタイルを持っていますが、てアンダルシア地方、ハエン県のどこまでも続く オリーブ畑 オリーブ畑は、その景観をユネスコの遺産に登録しようとする動きがしています。そこで、オリーブオイル世界最大産地スペインの持続可能性についてご紹介します。   スペインのオリーブ園における持続可能性と生物多様性 オリーブには、気候変動への対抗効果特に高いと言う特徴あります。 オリーブ畑(および樹木)には、オリーブオイルの製造により発生発生する温室効果 ガスの10倍の効果ます。 また、は、スペイン全体の栽培面積が 250 万ヘクタールに、スペイン最大の林です。 スペインのアンダルシア州の40のオリーブ畑を対象とした調査では、イベリア半島で確認されている全生物種の4分の1に当たる、119科に属する165種の鳥類が特定されました。同様にアリ58種、ハチ100種以上、草本植物549種、木本植物137種(アンダルシアの維管束植物相の17%、イベリアの維管束植物相の7%)も特定。さらに、新たな固有植物種も発見され、「Linaria qartobensis」という学名が与えられました。...
0

美容と健康に。お正月もオリーブオイルを活用しよう

151月 | 23 美容と健康に。お正月もオリーブオイルを活用しよう
美容と健康に。お正月もオリーブオイルを活用しよう。お正月は親戚やお友達、大切な方たちと集い、食事を一緒に楽しむ大切な機会。今年はスペイン産のエクストラバージン・オリーブオイルを使ったヘルシーなお正月料理をつくってみませんか?   どんな食材に合う?スペイン産エクストラバージン・オリーブオイルの香りチェックをしよう 日本の冬の旬野菜を使ったお正月お料理にエクストラバージン・オリーブオイルを使う際はまず、オイルの香りや味わいをチェックするのがオススメ!香りや味を確かめながら、食材とオリーブオイルのフード・ペアリングをすることで、お料理の幅も広がります。   トマトのアロマを感じるオリーブオイルがある? はい、あります。スペイン・アンダルシア州は、全世界のオリーブオイル生産量のうち、およそ半分以上を生産するオリーブオイル最大地域。オリーブには品種がたくさんありますが、そのなかでも「ピクアル種」のオリーブオイルは世界中の一流シェフからも絶賛され、ほんのりと香るグリーンのノートの中にトマトの香りも感じられて、とてもさわやか。   そこでお薦めレシピが「トマトすき焼き」。オリーブオイルはビタミンEを多く含むので、お肌ツルツルのビタミンすき焼きに。 お肌ツルツル・ビタミンすき焼き。作り方もカンタンでワインにも合いそう。   心地よい苦味のあるオリーブオイルにピッタリのアレンジトースト そしてこの「ピクアル種」と「オヒブランカ種」のオリーブオイルには、淡い苦味が感じられるのですが、この苦味は、アンチエイジングに効果があると言われている抗酸化物質ポリフェノールによるもの。 そこで合わせたい食材はお正月の定番、かずのこ。かずのこの磯の香りと苦味が、スペイン産のエクストラバージンオリーブオイルと、とても良く合うんです。 お雑煮に飽きた時はコレ。「かずのこチーズトースト」。あらびきのコショウをかけると、ビールのお供にもなりそう。   かまぼこに合うエクストラバージン・オリーブオイルは? 白身魚をすりつぶして作るかまぼこも、お正月に欠かせない食材ですよね。冷蔵庫にまだかまぼこが残ってる、なんて時は、スペイン版もつ煮込みをアレンジした「かまぼこのカジョス風さっと煮込み」。   白身魚には、どんなオリーブの品種も合いますが、なかでもこのお料理にオススメなのが「アルベルキーナ種」のエクストラバージンオリーブオイル。この品種は、リンゴやバナナのようなフルーティな香りが特徴で、ほのかに感じるアーモンド香が、たんぱくな白身魚にコクを与えてくれます。   まとめ...
0

スペイン産オリーブオイルを使った手作りハンドクリームの作り方

121月 | 23 スペイン産オリーブオイルを使った手作りハンドクリームの作り方
食卓やキッチンに常備しているオリーブオイルを使用して、ハンドクリームを手作りする…なんて、面白そう! でも、そんな難しそうなこと考えたことない?という人にぜひおススメなのが、スペイン産オリーブオイルと蜜蝋を熱して混ぜるだけの約30分で完成する簡単な作り方です。 それだけに、高品質なものからリーズナブルなものまで多種多様揃っています。 また、蜜蝋と言うと、凄く特殊な材料で入手しづらく感じるものでとっつきにくく思われますが、どちらもネット通販で購入が可能な物です。 わざわざ送料をかけてと思う人でも、実店舗で購入が可能です。既に食卓で使用している人はすぐに用意できる材料です。 スペイン産オリーブオイルは、大手スーパーや輸入食料品を扱うお店であれば入手できますし、蜜蝋は生活の木などのアロマオイル関係を扱うお店で販売されています。 それでは、以下では実際にスペイン産オリーブオイルを使ったハンドクリームを手作りしていきましょう。 手作りハンドクリームで用意する物 耐熱容器:耐熱ガラスの小さいボールやアルミの空き容器など湯煎やレンジの過熱にかけられる物 混ぜるための割りばしなどの棒:1本 ハンドクリームを入れる容器:1つ 手作りハンドクリームで用意する材料 スペイン産オリーブオイル:30mg 蜜蝋:約6g(約スプーン1杯) アロマオイル(レモングラスやベルガモット等爽やかなタイプ):数滴 作り方 1.スペイン産オリーブオイルと蜜蝋を軽量した上で耐熱容器に入れ、80℃前後の湯煎にかけて溶かします。 (電子レンジ500Wで1分ほど様子を見ながら加熱と言うやり方もありますが、湯煎の方が分量をの調節して好みの固さ具合を決めやすくなります。) 2.完全に蜜蝋が溶けてオリーブオイルと混ざり、白っぽく粗熱が取れた後に、好みのアロマオイルを数滴加えて香りつけをします。 この時、クリームがまだ余熱で熱く透明なうちにアロマオイルを加えると、香りが飛んでしまうので注意します。 3.固まりやすいため、手早く容器に移し替えて固めます。 固まったハンドクリームは、体温で再び溶けて肌になじみます。...
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。