毎日のオイル
ブログへ戻る
6月 08, 2018

オリーブオイルを使って、オリジナリティあふれるお弁当を!

来る10月13日は 体育の日です。この日は多くの学校 でイベントが行われ、運動をすること、そして丈夫で健康な体を維持することの大切さを子供のころから学びます。校庭で家族と一緒にお弁当を食べることが一般的なこの日のために、今日は健康的でオリジナリティに富んだ素敵なアイデアをご紹介します。

健康な体を維持する為には、栄養のある食事が基本です。今回ご紹介するお弁当は、その点において非の打ちどころがありません。乳製品、たんぱく質、炭水化物、果物、野菜、そして決して忘れてはならないスペイン産オリーブオイルは毎日の各食事に加えることが奨励されています。オリーブオイルが持つ必須脂肪酸はモノ不飽和脂肪酸なので、体にとって極めて有害なLDLコレステロール値を下げる働きがあり、体内にとても重要な役割を果たしています。

私たちに健康をもたらすスペイン産オリーブオイルが持つ特性と有益性は、このオイルが持つ栄養成分に深く係り合いがあります。豊富なビタミンEとポリフェノールと自然の抗酸化剤が強力に体内に働きかけ、細胞膜の老化を緩和してくれるのです。

オリーブの実の素晴らしい果汁であるスペイン産オリーブオイルは、健康でバランスのとれた食事の継続を目指す人のキッチンに欠かせない材料です。

さあ、フレッシュで味わい豊かなお弁当を作りましょう。

健康な弁当

彩り豊かなおにぎり弁当

材料:

  • ご飯
  • 海苔2枚
  • ツナ
  • あさつき
  • 生姜
  • マッシュルーム
  • トマト
  • クレソン
  • ブルーベリー
  • 細切りにした鶏肉
  • オリーブオイルで揚げたワサビ味グリーンピース
  • ライム
  • スペイン産オリーブオイル
  • 玉ねぎのスプラウト

お米を着色する為の材料:

  • ビーツ
  • にんじん
  • かぼちゃ

健康的な弁当の成分

作り方:

  1. 他の人と違うおにぎりを求めるなら、ビーツ・にんじん・かぼちゃを使って着色したご飯を使ったおいしいツナ入りおにぎりがお勧め。
  2. お米を着色するには、各野菜を別々に塩、少量の水、一筋のスペイン産オリーブオイルで茹でるだけ。茹であがったら、ミキサーにかけます。
  3. 先に準備した野菜を手に塗り、ご飯を握ります。これで、味と色が付きました。
  4. スペイン産オリーブオイル、ライム、塩であらかじめ味付けを施した玉ねぎのスプラウトとクレソンをお弁当箱に敷き、その上におにぎりをのせたら、残りの材料を使って自分だけの盛り付けをしていきます。
  5. お弁当にちょっと優雅さを加えるなら、スペイン産オリーブオイルを霧状に吹きかけましょう。特別な輝きと香りが生まれます。

ご飯と野菜のお弁当

弁当野菜

材料:

  • ご飯
  • ブロッコリー
  • アスパラガス
  • カリフラワー
  • マッシュルーム
  • ニンジンの薄切り
  • ホースラディッシュ
  • ミニキウイ
  • 米酢
  • スペイン産オリーブオイル

作り方:

野菜をアルデンテの硬さに蒸し、スペイン産オリーブオイルを霧状に吹きかけます。あらかじめスペイン産オリーブオイルと米酢で味付けしたご飯を敷き、野菜を自分だけのオリジナル盛り付けで楽しみましょう。

豆腐とほうれん草のハンバーグ弁当

材料:

  • スペイン産オリーブオイル
  • アボカド
  • 豆腐
  • 赤クローバーのスプラウト
  • 豆腐とほうれん草のハンバーグ
  • ご飯
  • ゴマ
  • ミニキウイ
  • ブルーベリー
  • パイナップル

作り方:

  1. フライパンにスペイン産オリーブオイル大さじ2を熱し、豆腐とほうれん草のハンバーグを焼きます。少し冷めたら、キッチンカッターでお好みの形に切ります。私たちはハンバーグで子ウサギ、豆腐で白い蝶々を作ってみました。
  2. 赤クローバーのスプラウトを敷き、アボカドの山をつくります。ライムとスペイン産オリーブオイルを数滴振りかけます。調和を取りながら残りの材料を自由自在に盛り付けましょう。

弁当のおにぎり

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルって太るの?

109月 | 21 オリーブオイルって太るの?
健康的、ヘルシーなことで一般的に知られているオリーブオイルですが、実際のところどうなのでしょうか。オリーブオイルを摂取することで太るのかどうか、気になる方もいらっしゃるはずです。 結論から言うと、オリーブオイルはバランスの取れた食事の中で適度に摂取すれば太らないことが科学的に証明されています。オリーブオイルは、他の油脂同様、1g当たり9kcal供給し、これ自体はカロリーの高い食品であることを意味します。 オリーブオイル、ことにエクストラバージンオリーブオイルはオレイン酸を多く含むことで有名です。人間にとって必須である一価不飽和脂肪酸に当たり、私たちの健康、特に心臓血管系に多大なメリットを与えてくれます。更に、油脂に解けた状態でないと吸収できない脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を可能にします。事実、世界保健機関(WHO)は、大人の摂取するエネルギーのうち20〜30%を脂質で補うことを推奨しています。...

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。