毎日のオイル
ブログへ戻る
1月 23, 2021

世界を虜にするスペイン産オリーブオイル

スペイン産オリーブオイルは、世界中の何百万もの家庭で親しまれており、オリーブオイルを代表するオイルです。

 エクストラバージンオリーブオイルは、どのようにして世界を魅了したのでしょうか?

近年の歴史を象徴するオリーブオイル

この100年は人類史の中で最も目まぐるしいものでした。

技術の進化は、歴史の流れを変えました。

例えば今の北京は、1920年の頃と比べると同じ都市と認識できないでしょう。  

車、飛行機、電動スクーター、ドローン..。

現在の人や物を運ぶ手段は、当時の手押し車を押す人たちや石炭列車とはかけ離れています。

よく見てみると、その変化はさらに顕著になっています。
この50年間で私たちは、カラーテレビの登場が衝撃的だった時代から、今のようなバーチャルで拡張された現実の世界で生活するようになりました。

中国では13億人以上の人口がいて、携帯電話会社に支払われる口座数は15億以上も存在するということをことを知っていますか?

気づかないうちに、人間からサイボーグになってしまったような印象です。

これらの技術がもたらす便利さは、当然手放したくありませんよね。 

これらのデータは、変化は時代の兆しだということを示しています。 

私たちはこの変化を受け入れて支えてます。

オリーブオイルの場合はどうでしょうか?

 

オリーブオイルの世界への旅

この疑問を紐とくため、これから4つの旅について見てみましょう。

初めに、1967年のアメリカはロサンゼルスへ。

そこには6歳のエマちゃんがいます。
両親から甘やかされて育ち、質の良い服と教育を受け、食料にも困りません。

牛乳やビスケット、トースト、卵といった、心のこもった朝食を毎日取っています。

しかし、彼女の知らない間に、飽和脂肪が彼女の心臓にダメージを与え始めています。 

次の旅は、1981年の日本の宮島へ。

結婚したばかりの23歳の江栗さんは、旦那さんにさまざまな日本料理を作ってあげるのが大好きです。

しかし、旦那さんは感謝の気持ちを持って食べるタイプではなく、少食・早食いの傾向があります。

3つ目の旅行は中国、1992年の広東です。

ユウは42歳にしてやっと子を授かりました。

結婚して20年以上経っての出産です。

記念に、家族でご馳走でお祝いをしています。

肉、魚、野菜にソースが付いた20種類以上ものメニューがあります。

変化に富んだ穀物や魚介類。

彼らは何でも食べるのが大好きです。

4つめで最後になる旅は、2008年のスペイン・マヨルカ島へ。

暖かな夏のあるホテルの朝食バイキングのテーブルで、お互いに認識のないエマ、江栗、ユウの3人が出会います。

それぞれが様々なチーズ、パン、ハムなどをお皿に盛ったあと、スペイン産のエキストラバージンオリーブオイルのボトルに手を伸ばします。

エマが最初にオイルを手に取り、申し訳なさそうに2人を見ながらトーストにエクストラバージンオリーブオイルを振りかけます。

 

  • 「10年前に心臓発作を起こして食生活を変え、その時からオイルはオリーブオイルだけにしています」と話すエマ。
  • 「私は5年ほど前から使用していますよ。主人はキチンと食事を取らず以前はとても痩せていましたが、ある日スーパーでオリーブオイルを購入したんです。それ以来、私も主人もその味と香りが大好きで、彼はやっと喜んで何でも食べてくれるようになりました」と、江栗が口を挟みます。

  • 「私はサラダに使い始めました。レストランで試してみて気に入ったので。今では煮込みや揚げ物、蒸し物まで、何にでも使っています。健康的で美味しいですよね。」と言うユウ。

  • 「スペイン人はとても幸せですよね。どこでも買える場所に住んでいる人たちもとてもラッキーですよね。」とエマ。

 

世界のキッチンに君臨するオリーブオイル

これらの4つの旅は、オリーブオイルが世界中を旅していることを象徴しています。

そして、この時代の変化と絶え間ない進化を反映しているのです。

石炭列車は過去のものです。

手紙や電信は廃盤になっています。

テクノロジーは、私たちが情報やコミュニケーションの中でつながった状態を保ち、利益を得るのに役立っています。

オリーブオイルは地中海沿岸の千年もの歴史がある伝統的な果実であり、今日では現代性と革新性の象徴です。

世界中の家庭のキッチンにおいて、健康トレンドの発信源になっています。

 

地球上の人々はますますお互いの距離を縮め、同時に同じものに簡単にアクセスできるようになりました。

オリーブオイルも例外ではありません。

12年前にマヨルカのホテルでユウが言っていたように、オリーブオイルはすべての料理に適しています。

世界各地から集まった3人の女性が気づいたように、 オリーブオイルはあらゆるタイプのガストロノミーに適応し、風味と健康を兼ね備えるオイルなのです。

 

スペイン産オリーブオイルを使った料理

世界旅行を味わってお腹が空いてきたところで、今度は料理を楽しんでみましょう。

今日のレシピは、エキストラバージンオリーブオイルを中心とし、世界的にも有名な地中海ダイエットのひとつ、メルルーサとブロッコリーのミートボール をご紹介します。

メルルーサとブロッコリーのミートボール

このレシピは、友人や家族とのカジュアルな食事にピッタリです。

食物繊維とミネラルが豊富で、典型的なミートボールをヘルシーにアレンジしたレシピです。

準備はよろしいですか?

>  レシピ【メルルーサとブロッコリーのミートボール】を見る

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?

306月 | 21 赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?
ヘルシーな油脂として世界でも有名なオリーブオイル。今回は赤ちゃんとオリーブオイルについてお話ししたいと思います。 オリーブオイルは赤ちゃんにとってもヘルシーなのでしょうか?  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。