毎日のオイル
ブログへ戻る
1月 23, 2021

オリーブオイルの賞味期限はいつ?

「オリーブオイルに賞味期限はあるの?」

何度もそう疑問に思ったことはありませんか? 

実際には賞味期限はありませんが、奨められた消費期限がパッケージに表示されています。

オリーブオイルの賞味期限と奨められた消費期限の違い

奨められた消費期限はふつう、パッケージされた日から9ヶ月から24ヶ月の間で、オイルの風味と香りが完璧な状態を維持する期間を定めています。

奨められた消費期限を過ぎても問題なくお召し上がりいただけますが、パッケージされた時に持っていた商品の有機体性を完全に維持することをメーカーが保証するものではありません。

消費期限を過ぎてから消費しても、問題はありません。

香りと味の両方が失われているかもしれませんが、安全で健康的であることに変わりはありません。

スペイン産オリーブオイルのラベル

購入するオリーブオイルの種類(バージン、エキストラバージン、ミックスオリーブオイルなど)に加えて、スペイン産であるかどうかラベルに記載されている原産地を確認しましょう。

ラベルには製品のバッチ番号だけでなく、生産と梱包を行う企業の住所とお問い合わせ連絡先が記されていなければなりません。

日本の法律に加えて、欧州連合(EU)が定めた食品の厳しい基準を満たしていることも確認できる必要があります。

スペイン産エクストラバージンオリーブオイル

今回の記事で、皆さんの疑問が少しでも解消されたのではないでしょうか。

スペイン産オリーブオイルの賞味期限はよく疑問に思われますが、とても重要なことです。

素晴らしい属性を持つオイルであり、あなたの心血管の健康に多くの利点をもたらします

最高の状態で味わうのが一番良いのです。

 

スペイン産オリーブオイルを常に完璧な状態に保つためには、オリーブオイルを正しく保存する必要があります

 

0 コメント

関連する投稿

シンプルなエクストラバージンオリーブオイルドレッシング

0710月 | 21 シンプルなエクストラバージンオリーブオイルドレッシング
エクストラバージンオリーブオイルを使った簡単・自家製ドレッシングでサラダをいつもより美味しく、ヘルシーに! 皆さんはサラダを食べる時に何で味付けをしますか?日本ではごまドレッシング、紫蘇風味の和風ドレッシングなど、スーパーの棚には数えきれないドレッシングが売られていますよね。サラダ自体はヘルシーだけれど、ドレッシングで気づかないうちに摂取したくない糖分や化学調味料などを取ったり、摂取カロリーが上がってしまっていたということも少なくないのでは? ここスペインではスーパーで見かけるドレッシングの種類はとても限られています。最近でこそ外資系チェーンのレストランでは、サラダにかけるドレッシングがいくつかあって選べるようになっていますが、一般家庭や伝統的なレストランでは、サラダを注文すると第一オプションとして提供されるのはオリーブオイル、ビネガー(赤ワイン、白ワイン、もしくはシードルのお酢)、塩です。これらをそれぞれの好みの量で味付けすることができるのです。オリーブオイル多めが好きな人、ビネガー多めが好きな人、それぞれ各自で調整できるのが良いですよね。シンプルに見えても決してワンパターンで終わらないのがエクストラバージンオリーブオイルをベースにしたドレッシングです。...

オリーブオイルって太るの?

109月 | 21 オリーブオイルって太るの?
健康的、ヘルシーなことで一般的に知られているオリーブオイルですが、実際のところどうなのでしょうか。オリーブオイルを摂取することで太るのかどうか、気になる方もいらっしゃるはずです。 結論から言うと、オリーブオイルはバランスの取れた食事の中で適度に摂取すれば太らないことが科学的に証明されています。オリーブオイルは、他の油脂同様、1g当たり9kcal供給し、これ自体はカロリーの高い食品であることを意味します。 オリーブオイル、ことにエクストラバージンオリーブオイルはオレイン酸を多く含むことで有名です。人間にとって必須である一価不飽和脂肪酸に当たり、私たちの健康、特に心臓血管系に多大なメリットを与えてくれます。更に、油脂に解けた状態でないと吸収できない脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を可能にします。事実、世界保健機関(WHO)は、大人の摂取するエネルギーのうち20〜30%を脂質で補うことを推奨しています。...

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。