研究+開発+イノベーション
教育
研究+開発+イノベーション
6月 25, 2015

▷ オリーブ栽培の革新と新技術プロジェクト、MECAOLIVAR

市場では、伝統的なオリーブ栽培での業務に適した機器の存在が非常に少ないです。

その為、当団体では収穫用機器の開発と問題を解消する為の植物検疫を助長してきました。

収穫のケースでは、コルドバ大学にて、様々な企業からの援助を受け、商業用の様々な機器の開発に取り組んでおり、機器の使用に必要な人員は一人しか要しないため、コスト削減にも繋がるとされています。

MECAOLIVAR、オリーブ栽培の革新と新技術

この有望なプロジェクトは、6つの研究ラインによって構成され、ジル・リべス教授によって統率されています。各研究ラインからは、数々の試作品が仕上がり、2015年度末には完成させる見込みとなっています。

一番目と2番目の研究ラインは、特にオリーブ収穫機と木の振動機をベースとした、オリーブ用コンバインの試作品の開発に集中的に取り組んでいます。最初のケースでは、柑橘系果物の採取に使われる収穫機をオリーブ収穫用に適合させるというものです。各機器は一体に集約され、収穫、清掃や収納用ポケットでの保管機能がついており、高基準の収穫が可能となります。コンバインは木の振動機をベースとしており、広大なオリーブのプレンテーションや収穫においての総合的な改善をもたらせる様に考えられています。

機械化や従来のコンバインのための改善策として考えられています。

第3の研究ラインは、前述のラインの研究を補完し、システムの最適化と木への損害を最小化するための木の幹への振動誘導装置の開発を行っています。4番目と5番目のラインは、植物保護製品の散布を最適化する為の試用品の設計、改善、そして製造を行っています。

また、 伝統的なオリーブのプランテーションや広大なオリーブのプレンテーションに適用可能な、除草剤の土壌への適用の最適化、そして地表を覆う植物の制御および管理の研究を行っています。それらの作業用の様々な噴霧器のモデルの開発に取り組んでいます。

第六番目のラインでは、オリーブの木々の試用品との適応性、ならびに適応用機器によって生じた枝の成長に関しての研究に集中しています。 

 

【スペインのオリーブオイル産業に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイル基礎知識に関するおすすめ記事】

【オリーブオイルと健康・美容に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイルの使い方に関するおすすめ記事】

関連する投稿

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。