毎日のオイル
ブログへ戻る

3月 24, 2023

オリーブオイルを使った冬のおすすめレシピ

今日は、冬に作りたいレシピをご紹介します。寒さ対策に最適なレシピとおいしい味をお楽しみください。

牡蠣のオリーブオイル漬け

牡蠣のオリーブオイル漬け

冬と言えば、牡蠣が美味しい季節です。

海のミルクとも言われる、栄養たっぷりの牡蠣の旨みをじっくりと味わうことができるおすすめメニューは、牡蠣のオリーブオイル漬けです。

オシャレで華やかなメニューなので、忘年会・新年会などのホームパーティーメニューにもおすすめです。

牡蠣のオリーブオイル漬けは、冷蔵保存で1週間以上持つのも嬉しいですね。

我が家では、冬場は必ず常備しておく、おかずの一つです。

簡単に作ることができるので、早速トライしてみましょう。

 

【材料】…小さい瓶1本分

  • 加熱用牡蠣 1パック
  • スペイン産オリーブオイル 100ml
  • ニンニク 2カケ
  • 鷹の爪 1本
  • 料理酒(白ワイン) 大さじ1
  • オイスターソース 小さじ1/2
  • 醤油 小さじ1/2

 

【調理方法】…約30分

  1. 牡蠣に塩を(分量外)ふり、数分置きます。しっかりと流水で洗い、臭みとぬめりを取り除きましょう。
  2. フライパンにスペイン産オリーブオイル半量と、スライスしたニンニク、鷹の爪をそのまま1本を入れます。弱火で熱して、5分〜10分かけてじっくりと火を通し、香りを立てます。
  3. ニンニクが少しだけ色づいてきたら、水気を切った牡蠣と料理酒を入れます。
  4. 5分ほど加熱して牡蠣に火が通ったら、オイスターソースと醤油を入れて転がします。オイスターソースと醤油が焦げてしまう前に、火から下ろします。
  5. 熱湯消毒した瓶に、フライパンの中身を全て開けます。
  6. 残りのスペイン産オリーブオイルを、全て瓶に入れて完成です。

 

〜ポイント〜

・ニンニクを加熱するときは、決して強火にせずじっくりと火を通すことで、仕上がりに差が出ます。

・オイスターソースを加えることで、より牡蠣の旨みを感じられる味わいに仕上がります。

 

オリーブオイルで冬にうれしい熱々の焼きおにぎり

オリーブオイルはどんなもので使えます。

特に風味がよく、さっぱりしたスペイン産オリーブオイルは、応用がよくきくオリーブオイルです。

今回は、オリーブオイルで簡単に調理できる焼きおにぎりをご紹介します。

 

【材料】2個

  • ご飯(温かいもの) お茶碗2杯分
  • チーズ(カマンベールチーズやとろけれるチーズ) 50g
  • 削り節 1パック 
  • しょうゆ 大さじ1と1/2
  • スペイン産オリーブオイル 小さじ2

 

【調理手順】

  1. ボウルに温かいご飯を入れて、小さくちぎったチーズと削り節をのせ、しょうゆ大さじ1を回し入れて混ぜる。
  2. おにぎりを握ってフライパンを熱し、オリーブオイルを全量入れる。
  3. 握ったおにぎりをフライパンに置き、中火にして両面を焼く。
  4. 焼き目がついたら、ハケで残りのしょうゆを使って塗って仕上げに焼いて完成。

焼きおにぎりの表面がカリっとしてきたタイミングでしょうゆを塗ると崩れずに焼けます。

 

【どのような味か?】

スペイン産のオリーブオイルの風味とチーズのコク、そこからしょうゆの香ばしさとかつお節の旨味がやってきます。

作りたてだと熱々で冬の寒い日でも体が温まってくるでしょう。

 

【どんなお酒や料理と合うのか】

この焼おにぎりに最適なのが、日本酒やホットワインです。

日本酒も常温の冷や、熱燗でいただくととても美味しいでしょう。

チーズがたくさん入っているので、ホットワインとも相性が良く、おすすめです。

料理は、温かいお味噌汁やから揚げ、そばやうどんといった麺類の他、シチューなどの煮込み料理と一緒に食べても美味しいでしょう。

スペイン産オリーブオイルを使った焼きおにぎりや、牡蠣のオリーブオイル漬けを紹介しました。さわやかなスペイン産オリーブオイルの風味が、チーズやしょうゆの味と相まって、一気に風味がよくなります。

お昼のメニューや家飲みの際の一品にも最適なメニューです。

0 コメント

関連する投稿

まいにちオリーブオイルを飲むためのシンプルな方法

206月 | 24 まいにちオリーブオイルを飲むためのシンプルな方法
最近、「毎日スプーン1杯のオリーブオイルを摂取すると認知症関連の死亡リスクが28%減少する可能性」についてアメリカのハーバード大学の研究が発表*され、ますますその健康効果に注目を集めているオリーブオイル。 腸の活動が活発になる朝、できれば「朝食前にスプーン1杯」が良いと言われていますが、朝起きてすぐスプーン1杯のオリーブオイルを飲む習慣をつけるのは少し難しいと感じる方へ、シンプルにオリーブオイルを摂る方法をご紹介します。   オリーブオイルを毎日飲むには 1. 高品質でおいしいスペイン産のエキストラバージンオリーブオイルを選ぶ オリーブオイルをそのまま飲むのに最も大切な事、それは「おいしさ」ではないでしょうか。 美味しければ簡単に毎朝摂り入れることができます。 しかし「おいしいオリーブオイルはどれ?」と悩んだら、まず一番に「スペイン産」かどうかをチェックし「スペイン産のエキストラバージンオリーブオイル」を選ぶのが正解です。 スペイン産エキストラバージンオリーブオイルは世界中の品評会で1位を数多く獲得しており、その品質の高さは世界中で認められています。さらにスペインは生産量、輸出量共に世界をリードし続けています。 一口食べればそのおいしさがクセになり、毎朝飲むのが待ち遠しくなります。   2. パンにかける 飲むのは抵抗があるけど、という方へ、最も簡単な方法、それは「パンにかける」です。 時間のない朝はパンとバターで済ませる、という方は、そのバターを今すぐスペイン産エキストラバージンオリーブオイルにしましょう。善玉コレステロールを減らさず、悪玉コレステロールのみを減らす働きを持つオレイン酸をたっぷり含むエキストラバージンオリーブオイルに切り替えるだけで、健康と美容に良い効果が期待できます。   3. ゆで卵にかける また、朝はなにかと忙しく朝食も慌てて食べる、という方にはこの「ゆで卵にオリーブオイルがけ」がオススメです。 7-8分程度茹でて柔らかめに仕上がったアツアツのゆで卵にお塩とエキストラバージンオリーブオイル。グリーンでフルーティなオリーブオイルのアロマとトロトロの卵の相性は抜群。最高の朝食になり、身体からエネルギーがみなぎってきます。   いつものごはんにプラスする。これも是非トライしてみて また、「いつものごはんにオリーブオイルをプラスする」を毎日意識することもとても重要です。例えば、卵かけごはんにスペイン産エキストラバージンオリーブオイルを加えると、栄養価がアップするだけでなく、フレッシュでフルーティなオリーブオイルの香りが生卵の臭みを和らげてれます。また、お味噌汁にプラスする、というのも是非トライしてみてください。コクが加わりおいしさがUPします。  ...
0

父の日-スペイン産オリーブオイルで美味しい時間をプレゼント

106月 | 24 父の日-スペイン産オリーブオイルで美味しい時間をプレゼント
  毎年6月の第三日曜日は「父の日」。いつも家族のために頑張るお父さんへ、どんなプレゼントを送ろうか、と迷っているならば、今年はお父さんの健康と笑顔のために、スペイン産オリーブオイルでヘルシーなお料理を作って「美味しいお料理と楽しい時間」をプレゼントしませんか?  家族の愛情がたっぷり詰まった手料理こそお父さんが一番喜ぶプレゼント。さらにスペイン産オリーブオイルを使うことで、ポリフェノール、ビタミンが豊富なだけでなく、より身体によいお料理が作れます。  また最近、海外の研究で、エキストラバージンオリーブオイルが脳の健康を改善させ認知機能の低下リスクを軽減する可能性があることが次々と発表されており、「毎日スプーン1杯のオリーブオイルを摂取すると認知症関連の脂肪リスクが28%減少する可能性*」という研究結果が世界中で話題になっています。  スペイン産エキストラバージンオリーブオイルはオリーブ果汁100%。スペイン産オリーブオイルは世界で最も多くの賞を受賞しており、さらに生産量、品質ともに世界を大きくリードしています。せっかくオリーブオイルを使うなら高品質のものを使いたいですよね。スペイン産オリーブオイルで是非作ってみてください。  それでは、簡単に作れて最高に美味しいレシピをご紹介します。    サーモンのソテーもスペイン産オリーブオイルで  お醤油を使うと、どうしても塩分高めになるところをスペイン産エキストラバージンオリーブオイルで作る自家製マヨネーズでいただく一品。いつもの鮭の塩焼きがこんなにオシャレなパーティー料理に大変身します。スペイン産エキストラバージンオリーブオイルの香りの高さは最高なので、このマヨネーズがあれば他のお魚で作っても美味しくいただけます。  レシピはこちら    カツもスペイン産オリーブオイルでヘルシーに  日本では主に豚肉を使ったトンカツが主流ですが、スペインでは牛カツが定番。オリーブオイルが揚げ物に最も適したオイルであることをご存知ですか?オリーブオイルは高温(180゜C)にも耐え、その全特性を失わない唯一のオイル。素材の表面にカリカリな層を作り、中へ油を浸透させずに素材の味を強める特徴を備えているため、食材を保護する油として最も優れています。さらに食材は柔らかいままでビタミンや特性を維持します。これはお父さんも喜んでくれるはずです。 レシピはこちら    アサリのワイン蒸しもオシャレに変身  キャベツとアサリをフライパンで蒸し焼きにし、スペイン産オリーブオイルと日本酒を加えた一品。キャベツの甘みとアサリの出汁にスペイン産オリーブオイルのフルーティな香りとコクが加わり、驚くほど美味しい一品になります。  レシピはこちら    定番のスパニッシュオムレツを和風アレンジしても◎  いつもは卵焼きだけど、父の日は特別にスパニッシュオムレツを作ってみるのもオススメ。このレシピは、ひじきをたっぷり使った和風のオムレツ。和食好きなお父さんにはオススメですね。またスペイン料理が大好き、というお父さんへは、「スペイン人が教えるスパニッシュ・オムレツ」のレシピを参考にしてみてください。  レシピはこちら ...
0

オリーブオイルは日焼けに効くのか?

076月 | 24 オリーブオイルは日焼けに効くのか?
オリーブオイルは健康的な成分としてよく知られていますが、多くの人が想像さえしないことは、その利点が摂取するだけでなく、肌や髪のケアにも活かせるということです。エキストラバージンオリーブオイルの高濃度の脂肪酸と天然抗酸化物質は、肌や髪のケアにおいて重要な味方となります。 歴史的記録によれば、この成分は約5,000年前の古代エジプトで使用され始め、その後ギリシャでも使われました。その後、オリーブオイルの特性はさまざまな状況で試され、証明され、日焼け後の軽い火傷の緩和に伝統的に使用されています。 このようなケースでは、オリーブオイルは火傷からのイライラ感を和らげ、緩和するのに役立ちます。同時に、この成分は肌を保湿し、皮膚の剥がれを軽減します。軽い火傷にオリーブオイルを使用する方法を知るために、簡単で実用的な自家製レシピを紹介します。   スペイン産のオリーブオイルが日焼けを和らげる そのため、オリーブオイルは日焼け後のスキンケアに有効です。オリーブオイルの成分に含まれる保湿成分が水分の蒸発を防ぐため、日焼け後のほてりを防ぐこともできます。 オリーブオイルとアロエベラを組み合わせた使用は、日光への感受性の高い肌を活性化するための強力な組み合わせです。これら2つの成分で自宅で落ち着かせる乳液を作るには、2つのスプーンのオリーブオイルと2つのスプーンのアロエベラゲルを同じ容器に混ぜるだけです。 その後、火傷のある肌のエリアを冷たい水で十分に洗い、オリーブオイルとアロエベラのローションを塗り、約40分間放置します。指定された時間が経過したら、湿ったタオルを使ってジェルを取り除くだけです。この手順は週に2〜3回繰り返すことができます。重要なのは、持続的な日光への露出が健康上の問題を引き起こす可能性があるということです。したがって、適切な保護を使用し、午前10時から午後4時の間は日光にさらされないようにすることが最善です。そして、もちろん、火傷が深刻な場合は医師の診察を受けることが重要です。
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。