毎日のオイル
ブログへ戻る
7月 03, 2021

オリーブオイルは再利用できる?

Orībuoiru no sai riyō

オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。

オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。

再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。

オリーブオイルを再利用する際にとても重要なのは、使用したオリーブオイルを都度フィルターにかけることです。冷めたオリーブオイルを100%綿もしくは天然繊維のストレーナーにかけましょう。

オリーブオイルを保存する容器には偏光ガラスのものかステンレスのものを選び、光を避けましょう。

また、オリーブオイルを再利用する際には、炒め物や揚げ物にだけ使いましょう。マリネに使用したり、サラダにかけるなど、生で使うことはできません。

新しいオイルと使用済みのオイルを混ぜることもおすすめできません。

最後に、何度か再利用しているオリーブオイルの色が濃くなり、どろっとし始めたら処分の合図です。再利用の回数は平均して5回程度なら問題なく再利用できるのではないでしょうか。中には25回まで再利用可能という調査結果もあるそうです。

いかがでしたでしょうか。

上述のシンプルなポイントをおさえるだけで、オリーブオイルをベストな状態で再利用、保存し、節約だけでなく環境保全に貢献することが可能です。

ぜひお試しください。

0 コメント

関連する投稿

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?

306月 | 21 赤ちゃんはオリーブオイルを摂取しても大丈夫?
ヘルシーな油脂として世界でも有名なオリーブオイル。今回は赤ちゃんとオリーブオイルについてお話ししたいと思います。 オリーブオイルは赤ちゃんにとってもヘルシーなのでしょうか?  ...

オリーブオイルの賞味期限はいつ?

231月 | 21 オリーブオイルの賞味期限はいつ?
「オリーブオイルに賞味期限はあるの?」 何度もそう疑問に思ったことはありませんか?  実際には賞味期限はありませんが、奨められた消費期限がパッケージに表示されています。...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。