毎日のオイル
ブログへ戻る

3月 04, 2016

人類の歴史におけるオリーブオイル (パート2)

人類の歴史の中でのオリーブオイル (II)

 

今回の投稿の第一部では古代ギリシャのお話をしました。オリーブオイルの歴史において、とても重要な次の時代はローマ帝国期です。当時スペインはイスパニアと呼ばれ、最も繁栄した地でした。

現代のオリーブオイルを理解するには、オリーブオイルの栽培と運搬の技術を改善したローマ人は必要不可欠な存在。またローマ人達はイスパニア産のオリーブオイル、具体的にはバエティカ産(現在のアンダルシア州)のオリーブの実とオリーブオイルの最大の消費者だったのです。イスパニア産オイルは、その品質の高さから帝国内で高く評価されていました。ローマ時代、イスパニアは3千万以上ものオリーブオイル入りアンフォラ(油壺)を輸出し、そのうち、ローマには定期的に何千本もが運ばれていたと推測されています。

19世紀の末、イタリア系プロシア人の考古学者Heinrich Dresselがローマのある小さな丘で、オイルを輸送していた大量のアンフォラの遺物を発見しました。彼は調査の末、アンフォラはバエティカ(スペイン南部)から運ばれてきたということだけでなく、当時のローマ人は、空のアンフォラをテヴェレ川左岸に捨てる習慣があったことまで発見しています。これらの遺物は現地の土と混じりあって一つの丘を形成しました。今日、この丘はモンテ・テスタッチョとして知られています。

中世になると、スペインや隣国フランスでは、オリーブオイルを石鹸の原料として利用していたことが判明しています。長い年月にわたり、オリーブオイルは家庭内に明かりをともすために利用されたり、美容処置の原材料として使用されたりと、幅広く使われてきたのは間違いありません。勿論、今も昔も食用として利用されることが主流です。オリーブオイルはどんなタイプ(エクストラ・バージン、バージン、オリーブオイル)でも、あらゆるレシピに相性抜群です。

その後19世紀に入り、スペインでのオリーブ栽培は鉄道路線建設のおかげで大きく拡張してゆきます。こうして、スペインのオリーブ畑が世界一の規模へと発展したのです。

20世紀のスペインは目覚しい技術革新が実を結び、最高級のオリーブオイルが製造できるようになりました。そして国際的に著名な数々のコンテストで毎年優勝するに至ります。そして現在スペインは、オリーブオイルの生産高と特にその品質において、世界のリーダーの座に輝いています。

0 コメント

関連する投稿

スペイン風鴨南蛮蕎麦

114月 | 24 スペイン風鴨南蛮蕎麦
カモ南蛮そば スペイン産オリーブオイルの風味が加わった、美味しい鴨とそばの絶妙な組み合わせ。新しいそばの味をお楽しみください。 材料 そば:3束 ネギ:1本(3cmの切片) 鴨のスライス:15枚 生姜(チューブ):5cm 酒:大さじ3(鴨を味付けするために大さじ1、調味のために大さじ2) 塩・こしょう:適量 スペイン産オリーブオイル、大さじ2 めんつゆ(3倍希釈)と白だし:各50cc みりん(料理用甘味酒):大さじ2 醤油:大さじ2 鰹節:1パック 水:1000cc 油揚げ(任意):1枚 エリンギ(任意):1パック ゆず(任意):適量 調理方法 鴨、生姜、酒大さじ1、塩、こしょうをビニール袋に入れてよくもみこむ。 野菜を切る。油揚げを使う場合は最後に切る。 鍋に鰹節と水を入れて沸騰させる。...
0

春に食べたいスペイン風サラダ特集

104月 | 24 春に食べたいスペイン風サラダ特集
春風がそよぎ、暖かい日が続く日に食べたくなるのがサラダ。春に旬を迎える野菜の多くは、生で食べることができるものが多くありますよね。そこで、今回はスペイン産オリーブオイルで作る春に食べたいスペイン風サラダをご紹介します。   スペインらしいカラフルなサラダ 写真:Seamus Mullen, presentada en la Cumbre Anual de Liderazgo Menus of Change® de 2019. 転載ほか、無断の使用を禁じます。 日本の家庭で食べるサラダとはちょっと見た目が違いますね!さすがスペイン、カラフルで栄養バランスも完璧と言えるこのサラダは、ラディッシュとズッキーニのツナ・サラダ。ラディッシュだけでなく、紅芯大根を加えることで、お料理がパッと明るくなりますね。ドレッシングはもちろん不要、なぜならば、スペイン産エキストラバージンオリーブオイルと岩塩だけで最高に美味しいからです。 どの品種のスペイン産エキストラバージンオリーブオイルでも合いますが、おすすめの品種は、ロイヤル種です。ロイヤル種は、アンダルシア州ハエン県の郷土品種で、とってもフリーティで芳醇なイチジクのアロマが広がるのが特徴です。是非試してみてください。 スペイン流カラフルサラダのレシピを見る   春のフルーツとフォワグラのスペイン流スペシャルサラダ...
0

お花見シーズンにオリーブオイルでおいしく

203月 | 24 お花見シーズンにオリーブオイルでおいしく
  春の訪れ。過ごしやすい季節の到来で、週末ピクニックをしてお花見をする方も多いと思います。いつものお弁当をいつもの味付けではなく、スペイン産のオリーブオイルを使ったおかずを作ってヘルシーなピクニック弁当を作りませんか?   スペイン産オリーブオイルでお弁当のおかずを作ると良い理由 朝、作ったお弁当をお昼に食べる時、大切なのは「冷えてていても美味しいこと」、「香りが高いこと」、ですが、スペイン産オリーブオイルを使ったおかずにするだけで、栄養価がアップします。 なぜならば、 豊富なオレイン酸!腸活&悪玉コレステロール減少に◎ ポリフェノールたっぷり!カラダの酸化を防ぐのに◎ ビタミンAやビタミンEが豊富!美肌に◎ 香りと味わいの高さ!お料理をランクUPするのに◎ だからです。   オススメ1 サクラ・オリーブオイルオイルおにぎり スペイン産オリーブオイルをご飯に混ぜると傷みにくくなる、というのをご存知ですか?ポリフェノール類やビタミンEなどの抗酸化物質が含まれているため、おにぎりの鮮度を守ってくれます。サクラの塩漬けにオリーブオイルを加えるとさらに旨味もアップしますよ。オリーブオイルをご飯に混ぜて握っても、お米がバラバラになることはなく、お米がよりしっとりしますよ。   オススメ2 オリーブオイルの自家製マヨでサンドイッチ そしてカンタンに作れるサンドイッチもオススメですがポイントは、マヨネーズの代わりに、スペイン産オリーブオイルで自家製マヨネーズをつくること。にんにく、卵黄、レモン汁、塩、こしょうを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜたら、少しずつオリーブオイルを加えて乳化させたら出来上がり。一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富に含まれ、コレステロール値を下げる効果のあるオリーブオイルでつくることでよりヘルシーなサンドイッチになります。たまごサンドもこの自家製マヨネーズで作ると味がグレードアップします。   ピクニックの定番!一口コロッケもスペイン産オリーブオイルで また、ピクニックやお弁当に欠かせないのが揚げ物。一口大のコロッケはみんなでシェアもしやすく、ランチタイムが盛り上がります。ポイントはスペイン産オリーブオイルで揚げることです。スペイン産オリーブオイルは高温(180゜C)にも耐え、その全特性を失わない唯一の油であること高温に耐える唯一の存在。スペイン産オリーブオイルで揚げることで、オリーブオイルに含まれるビタミンEとポリフェノールなどの成分を摂ることができ、素材の表面にカリカリな層を作り、中へ油を浸透させずに素材の旨味を逃がさないため、美味しさもランクアップします。   オリーブオイルで春を美味しく、美しく、健康に...
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。