毎日のオイル
ブログへ戻る
2月 14, 2022

世界で活躍するスペイン人シェフたち

世界で活躍するスペイン人シェフたち

スペイン人のシェフの中にはスペイン国内だけでなく、世界からも注目を浴びて活躍しているシェフがたくさんいます。以下にご紹介するスペイン人シェフの名前を一度は聞いたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

 

ペドロ・スビハナ

1948年サンセバスチャン生まれ。アケラレというレストランにシェフとして就任。1978年に最初のミシュラン星を獲得するなど、アケラレが数多くの一流美食ガイドなどで高評価を受けることに貢献。スペイン高級料理の先駆者のひとり。

 

ジョアン・ロカ

1964年カタルーニャ地方、ジローナ生まれ。両親の経営していたカン・ロカというレストランにて料理の世界と密接に育つ。2013年と2015年にThe Restaurant Magazineにて世界一のレストランとして選ばれたカン・ロカ・セラーの責任者。2017年で30周年を迎えた。彼の料理は、精密な技術を駆使した、本来の味を尊重し、高揚させるフリースタイルなもの。

 

フェラン・アドリア・アコスタ

1962年オスピタレ・デ・ジョブレガ生まれ。2004年米国のTime誌で最も革新的な人物の10人のリストに入る。多くの人から世界最高のシェフと認められる。2011年まで共同オーナーであったエル・ブジは既に今はもう存在しないレストランだが、ミシュラン3つ星として知られていた。また、英国の雑誌、Restaurantでは世界一のレストランと記載され、サン・ペレグリーノ賞を4年連続で獲得するなど、これまで他のレストランが成し遂げたことのない功績をあげている。

 

マルティン・ベラサテギ

1960年サンセバスチャン生まれ。彼の持つレストラン全てを合わせると、ミシュランガイドに13個の星を持っており、世界中でもこのような功績を収めるシェフはとても少ない。また、2019年にはスペイン文化省から美術功労賞を受賞している。

 

カルメ・ルスカジェダ

1952年バルセロナ生まれ。今日ではミシュランガイドの星を7つ持つ世界で唯一の女性シェフである。彼女の料理はカタルーニャ料理を基礎にやや現代的にフュージョンされている。東京にもカタルーニャ料理レストラン、サン・パウを2004年に開店している。

0 コメント

関連する投稿

スペインのイースターに最も典型的なお菓子

114月 | 22 スペインのイースターに最も典型的なお菓子
イースターのことをスペイン語では、「セマナ・サンタ(La Semana Santa)」といい、日本語に訳すのであれば「聖週間」という意味になります。...

スペインの伝統料理

112月 | 22 スペインの伝統料理
スペイン料理と聞いてどんな料理が思い浮かびますか?陽気で明るいスペインは美味しい料理がたくさんあることでも知られていて、その味は日本人の舌にもよく合うと言われています。 日本の各地方に特産物やその土地特有の料理があるのと同じように、スペインでもそれぞれの地方によって独特の伝統料理が作り続けられています。 今回はスペインを地方に分け、各地の有名な料理をピックアップしていきたいと思います。...

陽気で美味しい、スペインのタパス!

102月 | 22 陽気で美味しい、スペインのタパス!
今や日本でもお馴染みの、スペインのタパス。今回は少し掘り下げて、このタパスについてご説明いたしましょう。 スペイン文化を語る際、タパスなしでは語りきれないくらい、タパスはなくてはならない存在です。タパスとは、飲み物についてバルなどで出される少量の食べ物のことを指します。スペインではタパスを食べ歩くことがとても当たり前で、友だちなどとバルをはしごして食べたり、飲んだり(通常はビールやワイン)するのがお決まりです。 この伝統の始まりはどこにあるのかはっきりしていませんが、いくつかの定説があります。ある人は、客がよりたくさん飲み物を頼むように、少量の塩辛い食べ物(例えば生ハム)を出していた、というように居酒屋のオーナーの経済的関心から生まれたと言います。別では、タパスは以前居酒屋で飲み物を提供するコップに埃や虫が入り込むことを防ぐために、一切れのパンを上に乗せてふたのように使っていたことから始まったと言う人もいます。また、別の説では、人々が簡単に酔っ払って口論を繰り広げないように、飲み物と一緒に食べ物を提供するようカトリック両王が義務付けたとしています。...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。