毎日のオイル
ブログへ戻る
10月 05, 2017

【食欲の秋】オリーブオイルは秋の味覚を深める食材

とうとう10月!夏はまばゆい緑で彩られていた山々も、濃厚な黄色や燃えるような赤に染まりつつあります。そして夜は風と木々の涼しげなささやきが聞こえるようになりました。まさに、この国の美しさが最も強調される季節ですね。文化・読書・芸術がもっとも身近に感じられる一年のこの時期は、自分の内面的な部分に栄養を与える時。

秋は旨いものがたくさん

とはいえ、エネルギーを欲しがっているのは内面だけじゃなく、身体ももちろんそう。これこそまさに、食欲の秋。秋の美味といえば、まず何が頭に浮かびます?魚、野菜、米、それとも新酒かしら?そもそもこれらのごちそうを楽しめること自体がとてもラッキーなのですが、特に今はその収穫の旬なのですから、これはぜひ味わうべき。

内面と胃が秋を満喫している間、1万キロも離れたスペインでは、オリーブの実の収穫期が始まろうとしています。夏のまばゆい光をグングン吸収した何十万本ものオリーブの木が緑から茶色に色づいてきています。つまり、収穫の時期が始まるということ。オリーブの実は細心の注意を払って挽砕され、オリーブオイルが抽出されます。エクストラ・バージン・オリーブ・オイルはこうしてできたオリーブの実の天然のジュースなのです。プロセスについての詳細は 私たちのウェブサイト でご覧ください。

タイトル:秋の味覚を深める食材、エクストラ・バージン・オリーブ・オイル

ひらめきの秋、他国の文化や地中海食のような異なる食生活に対する興味がどんどんわいてきますよね。エクストラ・バージン・オリーブ・オイルは地中海食の基本。オイル自体の美味しさに加え、オイルがもたらす数々の恩恵が一番の自慢。とても健康にとって大切なため、スペインの小児科医は生後6ヶ月以上の幼児に小さじ1杯のエクストラ・バージン・オリーブ・オイルを毎日摂取 させることを推奨しているくらいです。

日本食とスペイン食の組み合わせが素晴らしいことを知らない人はまだまだたくさんいますが、例えば、醤油にエクストラ・バージン・オリーブ・オイルを組み合わせるのはおススメ。本当においしいんです! エクストラ・バージン・オリーブ・オイルで揚げた天ぷらのように日本食の代表格に試しに使ってみてはどうでしょう?まだ試したことない人、急いで!是非一度試して、どんな感じか感想を教えてください。

秋の味覚、日本の海と山の幸、スペインの畑の幸のフュージョンを満喫した後はほっとひと休み。本を読むなり、音楽を聴くなり、窓から外の景色を見るなり…。秋が終わりませんように…。

 

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルって太るの?

109月 | 21 オリーブオイルって太るの?
健康的、ヘルシーなことで一般的に知られているオリーブオイルですが、実際のところどうなのでしょうか。オリーブオイルを摂取することで太るのかどうか、気になる方もいらっしゃるはずです。 結論から言うと、オリーブオイルはバランスの取れた食事の中で適度に摂取すれば太らないことが科学的に証明されています。オリーブオイルは、他の油脂同様、1g当たり9kcal供給し、これ自体はカロリーの高い食品であることを意味します。 オリーブオイル、ことにエクストラバージンオリーブオイルはオレイン酸を多く含むことで有名です。人間にとって必須である一価不飽和脂肪酸に当たり、私たちの健康、特に心臓血管系に多大なメリットを与えてくれます。更に、油脂に解けた状態でないと吸収できない脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を可能にします。事実、世界保健機関(WHO)は、大人の摂取するエネルギーのうち20〜30%を脂質で補うことを推奨しています。...

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。