毎日のオイル
ブログへ戻る

12月 06, 2022

スペイン憲法記念日ースペインが生んだ豊かな食文化

スペイン憲法記念日ースペインが生んだ豊かな食文化

正義・自由・秩序の確立をすすめた歴史的な日を祝して

12月6日は、民主化運動によっての憲法が制定されたことを記念する祝日です。『スペインの国家は、正義・自由・秩序を確立することを望み、これに協力するすべての人民の保護を約束する』としたこの憲法は民主化を実現するための重要な礎となりました。

『すべてのスペイン人、およびすべてのスペインの住民の人権・言語・民族文化に自由を与える』とスペイン憲法で謳われているとおり、地域ごとに特徴のある歴史や文化、習慣が今も大切に受け継がれ、スペインの魅力となる豊かな地域性を育んでいます。

  • スペインと言えばオリーブオイル! 地方色溢れる伝統料理も

スペインと言えばオリーブオイル! 地方色溢れる伝統料理も

スペインのオリーブオイル最大の産地ハエン県ウベダ

地域による調理法の違いを表した『北では煮込み、中部では焼き物、南部ではフライ』という言葉もあるほどです。それぞれ特色は違っても、共通するのはたっぷりのスペイン産オリーブオイルとにんにくを使うこと。

世界一の生産量を誇るオリーブオイルは焼く、炒める、揚げるなどの調理に使われるだけでなく、テーブル上に置いてサラダや焼き魚にかけたりと、味わいにコクを加える調味料の役割も果たしています。味つけはごくシンプルで、素材の味をいかしながら、料理のおいしさを引きだすのがスペイン料理の最大の魅力。
そんな地方色豊かなスペインの伝統料理の中から代表的なものをご紹介しましょう。

  • アンダルシア地方(スペイン南部)

アンダルシア地方(スペイン南部)

エクストラバージン・オリーブオイルをたっぷりかけて

オリーブオイルの産地として知られるアンダルシア地方では、地中海で獲れた魚やいかを使った揚げ物がよく食べられています。冷製トマトスープの「ガスパチョ」、最高級の生ハムとされる「ハモン・イベリコ」「ハモン・セラーノ」もこの地方の名物。かつてイスラム教徒の支配下にあったことから、その影響を受けた料理が多いのも特徴です。

  • ガリシア地方(スペイン北西部)

ガリシア地方(スペイン北西部)

オリーブオイルの豊かな風味がひろがる

大西洋に面したガリシア地方は海の幸の宝庫。帆立貝や牡蠣、マテ貝などの新鮮な魚介類を使ったダイナミックな料理が特徴です。茹でたたこにオリーブオイルとパプリカパウダーをかけた「ポルボ・ア・フェイラ」という料理が有名で、この料理を他の地域では「たこのガリシア風」と呼んでいます。

  • バスク地方(スペイン北東部)

バスク地方(スペイン北東部)

オリーブオイルの豊かな味わいが楽しめる「バカラオ・アル・ピル ピル」

フランスとの国境に接しているバスク地方は、フランス料理の影響を受けながら独自の食文化が発展しました。美食の街として名高いこの地方では、干した鱈をたっぷりのオリーブオイルでとろとろになるまで煮た「バカラオ・アル・ピルピル」や「あさりのワイン蒸し」などが有名。日本で人気の「ピンチョス」もこの地方で生まれたものです。

  • カスティーリャ地方(スペイン中央部)

スペイン憲法記念日ースペインが生んだ豊かな食文化

ひよこ豆、お肉、オリーブオイルで作る「コシード」

首都マドリッドやトレド、ラ・マンチャを有するカスティーリャ地方は、乾いた大地が広がる地域。牧畜が主産業です。肉を豆や野菜と煮込んだ「コシード」、仔豚や仔羊などの肉を使ったロースト料理「アサード」が名物料理で、なかでも仔豚の丸焼きが有名。キジやウズラなどの野鳥類、鹿、猪などのジビエもよく使われます。

  • カタルーニャ地方(スペイン東部)

スペイン憲法記念日ースペインが生んだ豊かな食文化

スペインと言えばパエリア。エクストラバージン・オリーブオイルをかけて

地中海沿岸に広がるカタルーニャ地方は、地中海の魚介類と内陸部の野菜・果実など豊富な食材に恵まれた地域。スペインが誇る米どころでもあり、この地方が生んだ伝統的な米料理「パエリア」は世界で最も知られているスペイン料理です。干した鱈のマリネをベースにしたサラダ「エスケシャーダ」も年間を通してよく食べられています。

まとめ

今回のコラムはいかがでしたか? スペインの魅力である豊かな地域性と、世界を魅了する伝統料理の数々。そこには、憲法にも謳われる『人権・言語・民族文化の自由』が関係しているのかもしれません。オリーブオイルを使った絶品のスペイン料理に舌鼓を打つ時、あなたもそんなことに想いを馳せてみませんか。

【関連記事】

 

0 コメント

関連する投稿

スペイン産のオリーブオイルを使ってメイクを落とす方法

283月 | 23 スペイン産のオリーブオイルを使ってメイクを落とす方法
オリーブオイルを使ってメイクを落とす方法があることをご存じでしょうか? メイク落としといえば、専用のクレンジングや化粧品を使って落とすイメージがあるはずです。 しかし、スペイン産のオリーブオイルもメイク落としにも使えます。 オリーブオイルを美容のために使ったり、メイク落としに使ったりできる優れたものになります。食べても美味しいので嬉しいですよね。 オリーブオイルを使ったメイク落としの方法を解説する前に、そもそもメイク落としとは何か?を理解しておきましょう。 メイク落としの目的は、メイクを残さずに落とすだけではなく、肌に負担をかけすぎずに落とすことも重要だと考えられています。 そのため、メイクを落とすことと肌の負担を抑えるという2つの目的を果たせればメイク落とし以外のものでも問題はないのです。 さまざまな化粧品メーカーが肌の負担を考えた粉や油から作られたメイク落としを販売しています。 メイク落としの種類には、オイルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、洗顔オールインワンタイプ、拭き取りシートタイプなどがあり、特徴だけではなく利用シーンに合わせた商品があります。 そこで、注目を集めているのがスペイン産のオリーブオイルです。 オリーブオイルは名前の通り「オイル」のため、メイク落としに使えるのです。また肌に負担をかけすぎずに利用できます。 その方法は以下の通りです。 まずは蒸しタオルで顔を蒸して、毛穴を開かせます。 次に、マスカラはオリーブオイルではメイクが落としにくい部分になるため、マスカラはポイントメイクリムーバーでメイクを落とします。 手の汚れや皮脂を取り除いておくために、手を洗います。そして水気をしっかりと取っておきます。 スペイン産のオリーブオイルを大さじ1杯ほど取り、手のひらで温めて肌に馴染みやすくします。 顔の中で皮脂汚れが気になる部分からオリーブオイルを付けていくため、TゾーンからUゾーン、目元、口元という順番でメイクを落としていきます。ここでのポイントは、肌をゴシゴシ擦るのではなく、スペイン産のオリーブオイルで優しく肌をマッサージするイメージで行います。 キッチンペーパーでオリーブオイルを拭き取ります。 初めに作っておいた蒸しタオルで、顔を温めながら優しくスペイン産のオリーブオイルを拭き取っていきます。 最後に洗顔料を使って、キッチンペーパーと蒸しタオルで取りきれていない部分を、たっぷりの泡でオリーブオイルを洗い流します。 そして、普段通りの化粧水や乳液で肌を整えます。 以上がメイク落としの手順です。...
0

オリーブオイルを使った冬のおすすめレシピ

243月 | 23 オリーブオイルを使った冬のおすすめレシピ
今日は、冬に作りたいレシピをご紹介します。寒さ対策に最適なレシピとおいしい味をお楽しみください。 牡蠣のオリーブオイル漬け 冬と言えば、牡蠣が美味しい季節です。 海のミルクとも言われる、栄養たっぷりの牡蠣の旨みをじっくりと味わうことができるおすすめメニューは、牡蠣のオリーブオイル漬けです。 オシャレで華やかなメニューなので、忘年会・新年会などのホームパーティーメニューにもおすすめです。 牡蠣のオリーブオイル漬けは、冷蔵保存で1週間以上持つのも嬉しいですね。 我が家では、冬場は必ず常備しておく、おかずの一つです。 簡単に作ることができるので、早速トライしてみましょう。   【材料】…小さい瓶1本分 加熱用牡蠣 1パック スペイン産オリーブオイル 100ml ニンニク 2カケ 鷹の爪 1本 料理酒(白ワイン) 大さじ1 オイスターソース 小さじ1/2 醤油 小さじ1/2   【調理方法】…約30分 牡蠣に塩を(分量外)ふり、数分置きます。しっかりと流水で洗い、臭みとぬめりを取り除きましょう。 フライパンにスペイン産オリーブオイル半量と、スライスしたニンニク、鷹の爪をそのまま1本を入れます。弱火で熱して、5分〜10分かけてじっくりと火を通し、香りを立てます。 ニンニクが少しだけ色づいてきたら、水気を切った牡蠣と料理酒を入れます。...
0

スペイン産オリーブオイルで春を楽しむ

203月 | 23 スペイン産オリーブオイルで春を楽しむ
風が心地よくそよぎ、心が浮き立つ初春。町中がピンクに染まる最も美しい季節ですよね。重たいコートを脱いで、軽やかな春の装いでおでかけするだけで心が満たされます。そこで春先に屋外で楽しみたい、スペイン産オリーブオイルとヘルシー食材でつくる「おでかけレシピ」をご紹介します。   春のカワイイおにぎりたち 桜はエディブルフラワーとしても大活躍。桜の塩漬けを作るときは、八重桜の花びらを使うのがお薦めです。作り方はカンタン。5-7分咲きの桜をよく洗い汚れを落としたら水気をとってジップロックへ。塩、白ワインビネガー、レモン果汁を加えて密閉し、重石をのせて冷蔵庫に。2日間ほど漬けたら取り出して平らなバッドに並べて乾燥させたら完成です。この塩漬けを一つまみ、スペイン産エクストラバージンオリーブオイルを小さじ2、炊き立てのご飯1杯分をボウルで混ぜて、桜オリーブおにぎりの完成です。 スペイン産エクストラバージンオリーブオイルは100%果汁。美しく輝くゴールドのこの果汁と、桜の花びらで幸福度もあがります。桜の塩漬けと一緒に、茹でた枝豆で作っても美味しいので是非トライしてみてください。   お野菜で彩る「オイル寿し」。ゴールドに輝く魔法の雫でよりおいしく ここ近年、お塩とオリーブオイルでいただく「オイル寿し」に注目が集まっていますが、アスパラガス、さやいんげん、フキ、そら豆、筍・・・など春に旬を迎える野菜たちを使ってヘルシーな「てまりオイル寿し」もおすすめ。。スペイン産オリーブオイルは豊かな香りがふわっと広がり、お醤油でいただくよりも、より素材の味を感じられ、お酢との相性も良くサラダ感覚でいただけます。塩分を控えたいという方にも◎。   焼きおにぎりもオリーブオイルで香ばしく薫り高く仕上げよう 近年の発酵ブームでお味噌料理もじわじわ人気を集めていますが、スペイン産エクストラバージンオリーブオイルとの相性は?勿論最高の相性です。発酵食品のお味噌はもちろん オリーブオイルにも腸内環境の改善効果もあるので、腸活にピッタリです。 オリーブオイルを混ぜた味噌を塗りトースターで焼くだけで、魔法にかかったような驚きの美味しさです。冷めても焼き目がパリッとしているので美味しくいただけます。作り方は「スペイン産オリーブオイルと葱の焼きおにぎり」でチェックしてみてください。 まとめ 今回は スペイン産オリーブオイルで春を楽しむ 方法として、肉や卵、乳製品を使わずにヘルシーに楽しめるお花見にぴったりのお料理をご紹介しました。スペインと言えば、お魚や穀類、豆、野菜を主食とする地中海式の食事スタイルが盛んで、地中海式料理はオリーブオイルが主体となります。地中海式食事法を日常的に摂り入れているスペインですが、2040年までに長寿国世界一になる見通し、と、英医学誌「ランセット」が発表したことで、改めてその健康効果が注目されています。 和食は野菜、豆類を多く使うので、スペイン産オリーブオイルをいつもの料理に加える「オリーブオイルちょい足し」は、躊躇なくトライしてみて。スペイン産オリーブオイルをまいにち食べる習慣をつけて、健康寿命を延ばましょう!   【参照】 https://www.yahoo.com/lifestyle/spain-set-longest-life-expectancy-204824217.html https://athleterecipe.com/column/21/articles/201810250000864...
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。