毎日のオイル
ブログへ戻る

2月 10, 2024

ジンギスカンとスペイン産オリーブオイルをご家庭で楽しむレシピ

jingisukan to Supeinsan ori-bu oiru o jitaku de tanoshimu reshipi no shōkai

自宅で手軽に楽しむジンギスカンに、スペイン産オリーブオイルの洗練された風味を加えた新しい味わいをご紹介します。

今回は、「ホットプレートで自宅ジンギスカン」と「スペイン産オリーブオイルを使ったカリカリジンギスカン」という二つのレシピをピックアップしました。

ホットプレートでの楽しいジンギスカン体験に加え、スペイン産オリーブオイルを使ったカリカリジンギスカンは、香り高く、食感も楽しい一品です。

家族や友人との集まりで、または一人の特別な夕食に、これらのレシピでジンギスカンの新たな魅力を発見してみませんか?スペインの豊かな風味が、伝統的な料理を一層引き立てます。

ホットプレートで自宅ジンギスカン

ホームパーティーや家族の夕食にぴったりの、スペイン風ジンギスカンのレシピをご紹介します。スペイン産オリーブオイルの風味がラム肉と絶妙にマッチし、野菜とのハーモニーも楽しめます。

 

【材料】(2人前)

  • ラム肉 (薄切り): 250g
  • スペイン産オリーブオイル: 大さじ1
  • 料理酒: 大さじ2
  • しょうゆ: 大さじ2
  • オイスターソース: 大さじ1
  • はちみつ: 大さじ1
  • すりおろし生姜: 大さじ1
  • すりおろしニンニク: 小さじ2
  • 白いりごま: 小さじ2
  • キャベツ: 150g
  • もやし: 100g
  • 玉ねぎ: 100g
  • 赤パプリカ: 60g (1/2個)

 

【調理方法】

  1. 赤パプリカのヘタと種を取り除き、細切りにします。
  2. キャベツと玉ねぎはざく切り、くし切りにします。
  3. ラム肉にスペイン産オリーブオイルと他の調味料を加え、よく揉み込みます。
  4. ホットプレートを中温に熱し、オリーブオイルで野菜を炒めます。
  5. 野菜がしんなりしたら、真ん中を開けてラム肉を入れ、火が通るまで炒め合わせます。

 

ラム肉の旨味とスペイン産オリーブオイルの香りが引き立ち、深みのある味わいです。しょうゆとオイスターソースの甘辛さがアクセントになります。家庭での普段の食事や、友人を招いたホームパーティーに最適です。初心者でも簡単に作れる手軽さです。

このスペイン風ジンギスカンは、特別な日だけでなく、日常でも新鮮な味を楽しめます。スペイン産オリーブオイルの使用で、一般的なジンギスカンにヨーロピアンなエッセンスを加えた家族も喜ぶ料理にしてみませんか。

スペイン産オリーブオイルを使ったカリカリジンギスカン

忙しい日のスタミナ料理に最適な、スペイン産オリーブオイルを使ったカリカリジンギスカンのレシピをご紹介します。スペイン産オリーブオイルを使った一手間加えたアレンジで、おいしさも満点です。

 

【材料】

  • 味付けジンギスカン: 220g×2パック
  • 小麦粉: 30g
  • 片栗粉: 30g
  • スペイン産オリーブオイル: 大さじ1

 

【調理方法】

  1. 味付けジンギスカンをザルにあけてタレを切る
  2. 必要に応じてキッチンペーパーで水分を拭き取ります。
  3. 小麦粉と片栗粉を1:1の割合でボウルに入れ、混ぜ合わせます。
  4. ジンギスカンをボウルに加えて、均等に粉がつくように混ぜます。
  5. 大きければキッチンバサミで切ります。
  6. 鍋にスペイン産オリーブオイルを入れ、170〜180度に熱します。
  7. ジンギスカンを入れ、2〜3分間、ひっくり返しながら揚げます。
  8. カリカリになったら取り出し、完成です。

0 コメント

関連する投稿

スペイン産オリーブオイルを使ったもんじゃ焼きのレシピ

082月 | 24 スペイン産オリーブオイルを使ったもんじゃ焼きのレシピ
スペイン産オリーブオイルを使い、伝統的なもんじゃ焼きに新しい風を吹き込みましょう!今回ご紹介するのは、「スペイン産オリーブオイルと明太もちチーズもんじゃ焼き」と「スペイン風海鮮もんじゃ焼き」の2つのレシピです。 スペイン産オリーブオイルの豊かな香りと味わいが、明太子やチーズ、海鮮の旨味と絶妙に融合し、まるでスペインの味がするもんじゃ焼きを実現します。 家族や友人との楽しい食事の時間に、これらの新しい味のもんじゃ焼きを楽しんでみてはいかがでしょうか。 スペイン産オリーブオイルを使ったユニークなアプローチで、いつものもんじゃ焼きがさらに特別な一皿に変わります。   スペイン産オリーブオイルと明太もちチーズもんじゃ焼き   家庭で楽しむもんじゃ焼きに、スペイン風のツイストを加えた明太子もちチーズのレシピです。スペイン産オリーブオイルの風味がアクセントとなり、お酒との相性も抜群です。もちとチーズの組み合わせは子供たちにも喜ばれます。   【材料】(2人前)   キャベツ: 1/4玉 明太子: 50g スライス切り餅: 4枚 おやつ用インスタントラーメン: 15g 紅生姜: 10g 薄力粉:...
0

スペイン産オリーブオイルを使った安いレシピ

072月 | 24 スペイン産オリーブオイルを使った安いレシピ
  予算に優しく、味に妥協なし!スペイン産オリーブオイルを使って、家計にやさしい美味しい料理を作りましょう。 今回は、「安く済ませるサバーグ:スペイン風サルサソース添え」と「格安でも栄養満点白菜と鯖のオリーブオイルアヒージョ」の2つのレシピアイデアをご紹介します。 サバーグのレシピでは、スペイン産オリーブオイルを使ったサルサソースが、シンプルながらも豊かな味わいを提供します。 一方、白菜と鯖のスペイン産オリーブオイルアヒージョのレシピでは、白菜と鯖を加えることで、健康的ながらも深い味わいのパスタを楽しめます。どちらも経済的なのに栄養満点、日々の食事にぴったりのレシピです。 サバグのスペイン風ソース   このレシピは、サバ缶と豆腐を使ったヘルシーなサバ料理に、スペイン産オリーブオイルを使ったソースをかけたもの。サバの風味と豆腐のやわらかさが絶妙にマッチした、上品でリーズナブルな一品です。   【材料】   玉ねぎ: 1個 大きめプチトマト: 6個 ピーマン: 1個 スイートチリソース: 大さじ1.5 塩: ひとつまみ ブラックペッパー:...
0

オリーブオイルを毎日飲むべき3つの理由

052月 | 24 オリーブオイルを毎日飲むべき3つの理由
飲むなら高品質のスペイン産 「まいにちスプーン1杯のオリーブオイルがカラダに良い」とはよく聞きますよね。 具体的にはどのように身体によいのでしょう。今回はオリーブオイルを毎日飲むべき3大要素をご紹介します。   よい理由① 豊富なオレイン酸!腸活&悪玉コレステロール減少に スペイン産エキストラバージンオリーブオイルの主成分であるオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)は、血中コレステロール値の改善を助け、さらには腸のぜん動運動を促して腸内環境を向上させ、また腸の動きを促進する働きがあるので、便秘を予防するほか、便秘による肌荒れやストレスの解消にも効果があると言われています。   よい理由② ポリフェノールたっぷり!カラダの酸化を防ぐ エキストラバージンオリーブオイルに含まれるポリフェノールは心血管系疾患を起こす危険因子の一つである血中脂質の改善に貢献してくれます。   よい理由③ ビタミンAやビタミンEが豊富!美肌効果 オリーブオイルにはビタミンA、D、K、Eなどの栄養が含まれていますが、なかでもビタミンEが豊富です。「若返りのビタミン」とも言われているビタミンEは天然の抗酸化剤であり、酸化による細胞の損傷を保護する作用があり、お肌の老化、シミやしわの原因となる活性酵素を除去する働きがあり、お肌を健康な状態に保つためにはとても大切な成分。   オリーブオイルは「偉大なる医薬」 これは、古代ギリシア医学の祖・ヒポクラテスの言葉です。さらに数千年前、ホメロスがオリーブオイルを「黄金の液体」と称した事から、オリーブオイルは数千年前から人類の発展、健やかな人間の食生活において非常に重要な役割を果たしていると言えます。   いつ飲むのが効果的? オリーブオイルを飲むことはカラダに良いこと、というのは判っていただけたと思いますが、ではいつ飲むのが効果的なのでしょうか。それは、腸の活動が活発になる朝、できれば「朝食前にスプーン1杯」が良いと言われています。 そのまま飲むことに抵抗がある方は、朝食のパンにバターを塗る代わりにスペイン産オリーブオイルをかけて食べてみてください。パンのイースト香とオリーブオイルの香りで味わいも一層アップし、身体にもよりよい朝食になります。 また、お味噌汁にスプーン1杯を加えたり、ゆで卵にオリーブオイルをかける、等を是非ためしてみてください。   スペイン産のオリーブオイルであることが大事...
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。