毎日のオイル
ブログへ戻る

2月 24, 2017

人類の歴史におけるオリーブオイル(パート1)

オリーブオイルが他の植物油と違う点は、他の植物油が種から油をしぼるのに対し、オリーブオイルはオリーブの実から油をとるというところ。アセイテ(油)は、アラビア語のオリーブの実の果汁、az-zaitを語源とします。さらに、数千年も昔にホメロスがオリーブオイルを黄金の液体と呼んでいたことは特記する点といえます。以来、オリーブオイルは地中海食の中心的要素のひとつ。しかも、現在知る限りでは、地中海食は最も健康に良い食事法の一つなのです。地中海食は2012年にはユネスコの無形文化遺産として認定されています。

恐らく、数千年も前に地中海周辺地域に住んでいたローマ人、ギリシャ人、フェニキア人がオリーブの木を栽培し始め、オリーブの実から採れる果汁が使えることを発見し、オリーブオイルを使用始めたのではないかと考えられています。しかし、オリーブやその実、そしてオリーブオイルが、現在と同じように重要な産物となったのは古代ギリシャの頃のこと。だからこそ、これらのモチーフがコイン、または古の墳墓に永遠の命の象徴として刻まれたわけです。偶然ではないのです。

オリーブの木とその実とオリーブオイルの興味深いデータがあります。それは、ある時期オリーブの枝葉の冠がオリンピックゲームの参加者に与えられていたこと。さらに、勝者に与える冠を形成する枝の一部は、両親が健在である12歳の男子が純金のナイフで切りとったものだとか。

人類の歴史にとても関わりがあるこのスポーツの祭典で、選手たちは練習前後に全身にオリーブオイルを塗布してマッサージをしていたそうです。実際今日でもその習慣は受け継がれ、古代に高く評価されていたオリーブオイルマッサージは、現在でも非常に高く評価されています。

さらに、オリーブやオリーブオイルは、宗教の世界(特に民衆文化レベル)でも利用されるようなりました。ギリシャ神話によると、アリスタイオスがバルカン半島、エーゲ海、シシリア、サルダーニャにこれらの産物を与えていたそうです。とういうことは、アリスタイオスがオリーブオイルと採油法の発明者だと考えられているのは偶然ではないと言うことですね。

いずれにしても、オリーブオイルが最盛期を迎えたのはローマ帝国時代のこと。地中海地域全体でオリーブオイルが普及し、ローマ帝国の一部として存在であり、当時イスパニアと呼ばれていたスペインにまでたどり着きました。これでスペイン産オリーブオイルの歴史が大分わかったと思います。ヨーロッパのこの地域では、そんなに古くからこの類まれな品質が自慢の「黄金の液体」を作り出していたのですね。

古代オリーブオイルの歴史、特にスペイン産オリーブオイルの歴史に興味がある人のために、第二章を準備中。お楽しみに。待っている間、スペイン産オリーブオイルを使って思いつくまま何か作って満喫しては?

人類の歴史の中でのオリーブオイル (パート1)

【オリーブオイルの歴史に関するおすすめ記事】

【オリーブオイル基礎知識に関するおすすめ記事】

 

【オリーブオイルの使い方に関するおすすめ記事】

0 コメント

関連する投稿

生物多様性のオアシス -スペインに広がるオリーブ畑

205月 | 24 生物多様性のオアシス -スペインに広がるオリーブ畑
科学者たちは、この「オリーブの海=Mar de Olivos」の環境の豊かさを証明しています。 LIFEオリバレス・ビボス・プロジェクトは、アンダルシアのわずか40のオリーブ畑で165種の鳥類を確認しました。オリーブ畑は現在でも生物多様性の観点からも重要な地域で、また、生物多様性の回復の可能性において、オリーブ畑は自然遺産の保護と気候変動との闘うための重要な鍵となります。    生物多様性の保護においてオリーブ畑が果たす役割 国連は、自然保護が人々の幸福と地球の経済発展に影響を与える根本的な問題であることを認識し、6月5日を「世界環境デー」と定めました。反省と社会貢献の日であるこの日を背景に、スペインのオリーブオイル社は欧州連合の協力を得て、生物多様性の保護においてオリーブ畑が果たす役割を強調したいと考えています。人間によって形作られた古代の地中海の森。スペインだけで総面積 260 万ヘクタールを超え、バレンシア共同体の全面積よりも多くなります。   生物と自然を守るスペインのオリーブ畑は、生物多様性のオアシス 半島のオリーブ畑は壮大な「緑の命の源」であるだけでなく、数多くの生物の生息地でもあり、その多くは絶滅の危機に瀕しています。実際、ハエン大学 (UJA)と高等科学研究評議会 (CSIC)の研究者によって行われた研究は、オリーブ専門職間団体の支援を得て、 SEO/バードライフが調整し、LIFE Olivares Vivos プロジェクト内で実施されました。Oil Oliva Español は、このプロジェクト内で分析された農場が全体として、生物多様性の真の避難所として構成されていることを確認します。 具体的には、アンダルシア自治州だけで...
0

肉の旨みを出す美味しい焼き方

145月 | 24 肉の旨みを出す美味しい焼き方
  肉をオーブンで焼く際、柔らかくてジューシーに、美味しく仕上げたいものですよね。口の中でほろっと崩れるように肉を焼くこつを今回はご紹介したいと思います。 どの部位を選ぶか まず大切なのがどの肉を選び、買うかです。オーブンで調理した後に食感を柔らかいまま 0                                  ...
0

母の日に一緒に作る幸せスイーツ

055月 | 24 母の日に一緒に作る幸せスイーツ
今年もやってくる母の日。いつも家族のためにがんばってくれているお母さんのために、どうやってお母さんを喜ばせようか、と考えている方、今年はスペイン産オリーブオイルで作る「ヘルシーなお手製スイーツ」を作ってみるのはいかがですか? リッチなアロマとうまみが凝縮された100%果実のスペイン産エキストラバージンオリーブオイルの主成分であるオレイン酸は、血中コレステロールレベルの改善を助長し、心血管系疾患を起こす危険因子の一つを減少させることに貢献すると言われています。さらにオレイン酸は保湿効果もあるのでお肌のモイスチャーバランスまで整えてくれます。 また、シミやシワを予防する効果のあるポリフェノール、“若返りのビタミン”と言われるビタミンEもたっぷり含まれているので、オリーブオイルで作るスイーツはまさしくお母さんの味方!お母さんが喜んでくれること間違いなしです。 味と香りを引き立てるだけでなく、健康&美肌をサポートしてくれるスペイン産オリーブオイルで作るオススメのレシピをご紹介します。   オリーブオイルで美味しさ倍増。アプリコット・パイ 見た目にも美しくヘルシーなこのアプリコットパイは作り方もとても簡単で短時間でつくれるので是非ためしていただきたいスイーツです。リンゴ、バナナ、アーモンドのようなオリーブの果実が持つフルーティーなアロマが特徴のアルベキーナ種のオリーブオイルで作ってみてください。焼き上げている間、オリーブオイルのフルーティーな香りがキッチンに広がって、とってもしあわせな気分になります。 ▶詳しいレシピを見る https://www.oliveoilsfromspain.jp/resipi/apricot-pie/   マカロンには、実はスペイン産オリーブオイルが欠かせません マカロンがおうちで美味しく作れたら最高、ですよね。お薦めのオリーブ品種はフルーティーで、芳醇なイチジクの香りが広がるロイヤル。このロイヤルは、スペイン産オリーブオイルの一大産地であるハエン県の郷土品種。まだロイヤル種を味わったことがない方は是非、試してみてください。そのおいしさに感動するはずです。 ▶詳しいレシピを見る https://www.oliveoilsfromspain.jp/resipi/macarons/   スイーツ版スパニッシュオムレツ スペイン料理の定番であるスパニッシュオムレツと言えば、じゃがいもと卵で作りますが、これはスイーツ仕立てのスパニッシュオムレツ。朝食に作ってあげたらお母さんはきっと喜んでくれるはず。卵を焼く時にも、スペイン産オリーブオイルを使いますが、食べる直前にオヒブランカ種のオリーブオイルを追いがけするのがお薦め。刈り立ての草のアロマをもつオヒブランカとパッションフルーツの相性は抜群。是非試してみてください。 ▶詳しいレシピを見る  https://www.oliveoilsfromspain.jp/resipi/toropikaruomuretu/   サラダ感覚のヘルシースイーツ そしてお料理初心者の方におすすめなのが、このサラダ感覚で楽しめるスイーツ。スペイン産オリーブオイルがあればとっても簡単に美味しく作れちゃいます。スペイン産エクストラバージン・オリーブオイルのキリッとした辛味や苦味が引き立つこのレシピにオススメの品種はピクアル。この品種はスペインや世界各国にて栽培されている、もっとも豊富な品種。とても個性を豊かで、フルボディでありながらも、グリーンオリーブのフルーティーな香りがします。...
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。