毎日のオイル
ブログへ戻る
10月 07, 2021

シンプルなエクストラバージンオリーブオイルドレッシング

エクストラバージンオリーブオイルを使った簡単・自家製ドレッシングでサラダをいつもより美味しく、ヘルシーに!

シンプルなエクストラバージンオリーブオイルドレッシング

皆さんはサラダを食べる時に何で味付けをしますか?日本ではごまドレッシング、紫蘇風味の和風ドレッシングなど、スーパーの棚には数えきれないドレッシングが売られていますよね。サラダ自体はヘルシーだけれど、ドレッシングで気づかないうちに摂取したくない糖分や化学調味料などを取ったり、摂取カロリーが上がってしまっていたということも少なくないのでは?

ここスペインではスーパーで見かけるドレッシングの種類はとても限られています。最近でこそ外資系チェーンのレストランでは、サラダにかけるドレッシングがいくつかあって選べるようになっていますが、一般家庭や伝統的なレストランでは、サラダを注文すると第一オプションとして提供されるのはオリーブオイル、ビネガー(赤ワイン、白ワイン、もしくはシードルのお酢)、塩です。これらをそれぞれの好みの量で味付けすることができるのです。オリーブオイル多めが好きな人、ビネガー多めが好きな人、それぞれ各自で調整できるのが良いですよね。シンプルに見えても決してワンパターンで終わらないのがエクストラバージンオリーブオイルをベースにしたドレッシングです。

オリーブオイル、酢、塩をベースに、レモン、黒胡椒を混ぜたり、粒マスタードを混ぜたり。もう少し辛いのがお好みの場合はそこに少量の粉末唐辛子を入れると美味しいです。ドレッシングが少しさらさらし過ぎている、もうちょっととろっとしたのが好きだという方はヨーグルトやマヨネーズを加えてみてください。アイディアは尽きません。刻み玉ねぎ、パセリなどのハーブ、セロリを加えたり、甘みをつけるのにはちみつや果物を入れるのも楽しいですよ。レモンではなくてオレンジやみかんの果汁を入れたり、潰したトマトを混ぜたり。和風にしたい時にはもちろん醤油も合います!

サラダに直接かけるのはちょっと、という方は別容器で混ぜ合わせて短時間でヘルシーな自家製ドレッシングにしてみるのはいかがでしょうか。

どんなコンビネーションにするにせよ、一番肝心なポイントは、エクストラバージンオリーブオイルを使うこと。ただし、せっかくエクストラバージンオリーブオイルを使うのですから、色々と混ぜ過ぎてオイルの持つ独自の風味を完全に消してしまわないようにだけ注意しましょう。また、世界的に最も評価を受けていて、その品質が一番保証されているのはスペイン産のものあることを覚えておきましょう。

0 コメント

関連する投稿

マヨネーズはアレンジ自在!

1911月 | 21 マヨネーズはアレンジ自在!
様々な調味料がある中、マヨネーズは少し特別な存在かもしれません。日本ではマヨラーという言葉があるくらい、愛好家がたくさんいます。 今回は先ず、高品質なスペイン産エクストラバージンオリーブオイルを使った自家製マヨネーズのレシピをご紹介、そしてその自家製マヨネーズにアレンジを加えた変わり種レシピを15個紹介したいと思います。  ...

オリーブオイルって太るの?

109月 | 21 オリーブオイルって太るの?
健康的、ヘルシーなことで一般的に知られているオリーブオイルですが、実際のところどうなのでしょうか。オリーブオイルを摂取することで太るのかどうか、気になる方もいらっしゃるはずです。 結論から言うと、オリーブオイルはバランスの取れた食事の中で適度に摂取すれば太らないことが科学的に証明されています。オリーブオイルは、他の油脂同様、1g当たり9kcal供給し、これ自体はカロリーの高い食品であることを意味します。 オリーブオイル、ことにエクストラバージンオリーブオイルはオレイン酸を多く含むことで有名です。人間にとって必須である一価不飽和脂肪酸に当たり、私たちの健康、特に心臓血管系に多大なメリットを与えてくれます。更に、油脂に解けた状態でないと吸収できない脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を可能にします。事実、世界保健機関(WHO)は、大人の摂取するエネルギーのうち20〜30%を脂質で補うことを推奨しています。...

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。