毎日のオイル
ブログへ戻る
2月 10, 2022

陽気で美味しい、スペインのタパス!

コロッケ

今や日本でもお馴染みの、スペインのタパス。今回は少し掘り下げて、このタパスについてご説明いたしましょう。

スペイン文化を語る際、タパスなしでは語りきれないくらい、タパスはなくてはならない存在です。タパスとは、飲み物についてバルなどで出される少量の食べ物のことを指します。スペインではタパスを食べ歩くことがとても当たり前で、友だちなどとバルをはしごして食べたり、飲んだり(通常はビールやワイン)するのがお決まりです。

この伝統の始まりはどこにあるのかはっきりしていませんが、いくつかの定説があります。ある人は、客がよりたくさん飲み物を頼むように、少量の塩辛い食べ物(例えば生ハム)を出していた、というように居酒屋のオーナーの経済的関心から生まれたと言います。別では、タパスは以前居酒屋で飲み物を提供するコップに埃や虫が入り込むことを防ぐために、一切れのパンを上に乗せてふたのように使っていたことから始まったと言う人もいます。また、別の説では、人々が簡単に酔っ払って口論を繰り広げないように、飲み物と一緒に食べ物を提供するようカトリック両王が義務付けたとしています。

起源がどうであれ、タパスは世界中で知られ、スペイン文化の必要不可欠な要素であることに変わりはありません。タパスに行く、と言うことは友だちと楽しい時間を共有しに行くと言うことの同義で、読んで字のごとく、美味しい社交生活を送る方法です。タパスは、毎年ベストタパスを選ぶコンクールがあるほど重要なもので、中でもサンセバスチャンやバジャドリーなどのコンクールが有名です。

タパスは前述の通り、小さな皿で提供される少量の食べ物なので、色々な種類があります。典型的、伝統的なものでは、スパニッシュオムレツ、生ハム、チーズ、オリーブの漬物、イカリングフライ、コロッケ、ムール貝、腸詰類(モルシージャ、チョリソー)、フィッシュフライ、スペイン風ポテトサラダ、ポテトフライ(アリオリソース)など、数えきれない種類のタパスがあります。

0 コメント

関連する投稿

スペインのイースターに最も典型的なお菓子

114月 | 22 スペインのイースターに最も典型的なお菓子
イースターのことをスペイン語では、「セマナ・サンタ(La Semana Santa)」といい、日本語に訳すのであれば「聖週間」という意味になります。...

世界で活躍するスペイン人シェフたち

142月 | 22 世界で活躍するスペイン人シェフたち
スペイン人のシェフの中にはスペイン国内だけでなく、世界からも注目を浴びて活躍しているシェフがたくさんいます。以下にご紹介するスペイン人シェフの名前を一度は聞いたことがある方も少なくないのではないでしょうか。   ペドロ・スビハナ...

スペインの伝統料理

112月 | 22 スペインの伝統料理
スペイン料理と聞いてどんな料理が思い浮かびますか?陽気で明るいスペインは美味しい料理がたくさんあることでも知られていて、その味は日本人の舌にもよく合うと言われています。 日本の各地方に特産物やその土地特有の料理があるのと同じように、スペインでもそれぞれの地方によって独特の伝統料理が作り続けられています。 今回はスペインを地方に分け、各地の有名な料理をピックアップしていきたいと思います。...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。