毎日のオイル
ブログへ戻る

2月 10, 2022

陽気で美味しい、スペインのタパス!

コロッケ

今や日本でもお馴染みの、スペインのタパス。今回は少し掘り下げて、このタパスについてご説明いたしましょう。

スペイン文化を語る際、タパスなしでは語りきれないくらい、タパスはなくてはならない存在です。タパスとは、飲み物についてバルなどで出される少量の食べ物のことを指します。スペインではタパスを食べ歩くことがとても当たり前で、友だちなどとバルをはしごして食べたり、飲んだり(通常はビールやワイン)するのがお決まりです。

この伝統の始まりはどこにあるのかはっきりしていませんが、いくつかの定説があります。ある人は、客がよりたくさん飲み物を頼むように、少量の塩辛い食べ物(例えば生ハム)を出していた、というように居酒屋のオーナーの経済的関心から生まれたと言います。別では、タパスは以前居酒屋で飲み物を提供するコップに埃や虫が入り込むことを防ぐために、一切れのパンを上に乗せてふたのように使っていたことから始まったと言う人もいます。また、別の説では、人々が簡単に酔っ払って口論を繰り広げないように、飲み物と一緒に食べ物を提供するようカトリック両王が義務付けたとしています。

起源がどうであれ、タパスは世界中で知られ、スペイン文化の必要不可欠な要素であることに変わりはありません。タパスに行く、と言うことは友だちと楽しい時間を共有しに行くと言うことの同義で、読んで字のごとく、美味しい社交生活を送る方法です。タパスは、毎年ベストタパスを選ぶコンクールがあるほど重要なもので、中でもサンセバスチャンやバジャドリーなどのコンクールが有名です。

タパスは前述の通り、小さな皿で提供される少量の食べ物なので、色々な種類があります。典型的、伝統的なものでは、スパニッシュオムレツ、生ハム、チーズ、オリーブの漬物、イカリングフライ、コロッケ、ムール貝、腸詰類(モルシージャ、チョリソー)、フィッシュフライ、スペイン風ポテトサラダ、ポテトフライ(アリオリソース)など、数えきれない種類のタパスがあります。

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイル世界最大産地スペインの持続可能性

201月 | 23 オリーブオイル世界最大産地スペインの持続可能性
唯一無二の大地。 オリーブオイル世界最大産地スペインの持続可能性 スペインが一のオリーブ栽培国であり、世界のオリーブオイル生産国であることをご存知ですかオリーブは、ヨーロッパ全体のオリーブの有機栽培面積は、45万ヘクタールですが、そのうちスペイン国内有機栽培面積が20オリーブはまさに国を代表する有機栽培作物です。 ほぼ 3000 年にアリーナ オリーブの木は広大で美しい大地に定着し、スペインの人々 地球上で最大のオリーブ オイル畑を引きました。 地中海のに植えられたオリーブの木から、コルドバの木の海まで、それぞれで独自のスタイルを持っていますが、てアンダルシア地方、ハエン県のどこまでも続く オリーブ畑 オリーブ畑は、その景観をユネスコの遺産に登録しようとする動きがしています。そこで、オリーブオイル世界最大産地スペインの持続可能性についてご紹介します。   スペインのオリーブ園における持続可能性と生物多様性 オリーブには、気候変動への対抗効果特に高いと言う特徴あります。 オリーブ畑(および樹木)には、オリーブオイルの製造により発生発生する温室効果 ガスの10倍の効果ます。 また、は、スペイン全体の栽培面積が 250 万ヘクタールに、スペイン最大の林です。 スペインのアンダルシア州の40のオリーブ畑を対象とした調査では、イベリア半島で確認されている全生物種の4分の1に当たる、119科に属する165種の鳥類が特定されました。同様にアリ58種、ハチ100種以上、草本植物549種、木本植物137種(アンダルシアの維管束植物相の17%、イベリアの維管束植物相の7%)も特定。さらに、新たな固有植物種も発見され、「Linaria qartobensis」という学名が与えられました。...
0

美容と健康に。お正月もオリーブオイルを活用しよう

151月 | 23 美容と健康に。お正月もオリーブオイルを活用しよう
美容と健康に。お正月もオリーブオイルを活用しよう。お正月は親戚やお友達、大切な方たちと集い、食事を一緒に楽しむ大切な機会。今年はスペイン産のエクストラバージン・オリーブオイルを使ったヘルシーなお正月料理をつくってみませんか?   どんな食材に合う?スペイン産エクストラバージン・オリーブオイルの香りチェックをしよう 日本の冬の旬野菜を使ったお正月お料理にエクストラバージン・オリーブオイルを使う際はまず、オイルの香りや味わいをチェックするのがオススメ!香りや味を確かめながら、食材とオリーブオイルのフード・ペアリングをすることで、お料理の幅も広がります。   トマトのアロマを感じるオリーブオイルがある? はい、あります。スペイン・アンダルシア州は、全世界のオリーブオイル生産量のうち、およそ半分以上を生産するオリーブオイル最大地域。オリーブには品種がたくさんありますが、そのなかでも「ピクアル種」のオリーブオイルは世界中の一流シェフからも絶賛され、ほんのりと香るグリーンのノートの中にトマトの香りも感じられて、とてもさわやか。   そこでお薦めレシピが「トマトすき焼き」。オリーブオイルはビタミンEを多く含むので、お肌ツルツルのビタミンすき焼きに。 お肌ツルツル・ビタミンすき焼き。作り方もカンタンでワインにも合いそう。   心地よい苦味のあるオリーブオイルにピッタリのアレンジトースト そしてこの「ピクアル種」と「オヒブランカ種」のオリーブオイルには、淡い苦味が感じられるのですが、この苦味は、アンチエイジングに効果があると言われている抗酸化物質ポリフェノールによるもの。 そこで合わせたい食材はお正月の定番、かずのこ。かずのこの磯の香りと苦味が、スペイン産のエクストラバージンオリーブオイルと、とても良く合うんです。 お雑煮に飽きた時はコレ。「かずのこチーズトースト」。あらびきのコショウをかけると、ビールのお供にもなりそう。   かまぼこに合うエクストラバージン・オリーブオイルは? 白身魚をすりつぶして作るかまぼこも、お正月に欠かせない食材ですよね。冷蔵庫にまだかまぼこが残ってる、なんて時は、スペイン版もつ煮込みをアレンジした「かまぼこのカジョス風さっと煮込み」。   白身魚には、どんなオリーブの品種も合いますが、なかでもこのお料理にオススメなのが「アルベルキーナ種」のエクストラバージンオリーブオイル。この品種は、リンゴやバナナのようなフルーティな香りが特徴で、ほのかに感じるアーモンド香が、たんぱくな白身魚にコクを与えてくれます。   まとめ...
0

スペイン産オリーブオイルを使った手作りハンドクリームの作り方

121月 | 23 スペイン産オリーブオイルを使った手作りハンドクリームの作り方
食卓やキッチンに常備しているオリーブオイルを使用して、ハンドクリームを手作りする…なんて、面白そう! でも、そんな難しそうなこと考えたことない?という人にぜひおススメなのが、スペイン産オリーブオイルと蜜蝋を熱して混ぜるだけの約30分で完成する簡単な作り方です。 それだけに、高品質なものからリーズナブルなものまで多種多様揃っています。 また、蜜蝋と言うと、凄く特殊な材料で入手しづらく感じるものでとっつきにくく思われますが、どちらもネット通販で購入が可能な物です。 わざわざ送料をかけてと思う人でも、実店舗で購入が可能です。既に食卓で使用している人はすぐに用意できる材料です。 スペイン産オリーブオイルは、大手スーパーや輸入食料品を扱うお店であれば入手できますし、蜜蝋は生活の木などのアロマオイル関係を扱うお店で販売されています。 それでは、以下では実際にスペイン産オリーブオイルを使ったハンドクリームを手作りしていきましょう。 手作りハンドクリームで用意する物 耐熱容器:耐熱ガラスの小さいボールやアルミの空き容器など湯煎やレンジの過熱にかけられる物 混ぜるための割りばしなどの棒:1本 ハンドクリームを入れる容器:1つ 手作りハンドクリームで用意する材料 スペイン産オリーブオイル:30mg 蜜蝋:約6g(約スプーン1杯) アロマオイル(レモングラスやベルガモット等爽やかなタイプ):数滴 作り方 1.スペイン産オリーブオイルと蜜蝋を軽量した上で耐熱容器に入れ、80℃前後の湯煎にかけて溶かします。 (電子レンジ500Wで1分ほど様子を見ながら加熱と言うやり方もありますが、湯煎の方が分量をの調節して好みの固さ具合を決めやすくなります。) 2.完全に蜜蝋が溶けてオリーブオイルと混ざり、白っぽく粗熱が取れた後に、好みのアロマオイルを数滴加えて香りつけをします。 この時、クリームがまだ余熱で熱く透明なうちにアロマオイルを加えると、香りが飛んでしまうので注意します。 3.固まりやすいため、手早く容器に移し替えて固めます。 固まったハンドクリームは、体温で再び溶けて肌になじみます。...
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。