毎日のオイル
ブログへ戻る
8月 16, 2017

【夏の料理】エクストラバージンオリーブオイルでエネルギッシュに!

花火大会、海水浴、夏祭り、お盆休み、、、夏はいろんなイベントが盛りだくさんで楽しい季節。でも連日続く猛暑で食欲もなかったり、暑さしのぎでエアコンを使いすぎて逆に夏バテになったりとなかなか体調管理が難しいのは事実。

そんな夏を元気に乗り切るにはやっぱり規則正しい健康的でエネルギッシュな食生活を維持する事がまず何よりも第一。これは皆さんご存知のはず。分かってはいるけどできてないっていうのが本当のところだと思います。

じゃあどうすればいいか、、、残念ながら完璧な答えは出せませんが私たちのアドバイスはスペイン産エクストラバージンオリーブオイルを夏のレシピに大活用する事

例えばスペインも厳しい夏のある国 、南部アンダルシアでは日中摂氏40度を超える日が続くんです!そんな土地柄で生まれたのが皆さんご存知の冷製スープ、ガスパチョ。夏野菜とエクストラバージンオリーブオイルをふんだんに使ったこのスペイン料理料理は夏レシピの代名詞です。飲むと本当に元気になる。やっぱり伝統料理には経験からくる知恵には脱帽です。

所変わって日本の夏料理と言えば、そうめんや冷やし中華などの冷麺を想像する人も多いはず。さっぱりして食べやすい夏の冷麺をさらにエネルギッシュで健康的にできたらいいなって思いません?解決策は簡単、そう、エクストラバージンオリーブオイルを加えるだけ。

良質油であるオリーブオイルは油が不足がちだとされる和食にもってこいの相棒

良質油であるオリーブオイルは油が不足がちだとされる和食にもってこいの相棒。オリーブオイルにはオレイン酸、ビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化物質が多く含まれていて、PREDIMED研究グループを始め多くの研究者たちの努力のおかげで その健康効能は年々ポピュラーになって来ています 。ちなみに私たちのウェブにはオリーブオイルを知るための情報やいろんなレシピなどが満載。色々参考にしてみてください!

麺類の決め手はやっぱり麺の質とたれ

本題に戻りまして、麺類の決め手はやっぱり麺の質とたれ。 出汁とオリーブオイルの相性がいいのは筋肉料理人、 藤吉和夫さんのレシピでご覧になられた方もいると思います。そば、うどん、そうめんなどには市販の麺つゆに砂糖、酢、オリーブオイルなどを加えて 自分好みのタレが簡単に作れます。では冷やし中華はどうでしょう?タレは既製のものをそのままっていう人が多いはず。そのままエクストラバージンオリーブオイルを加えてもらうだけでも十分おいしいんですが、、、今回は少し違うたれレシピをご紹介します。

冷やし中華のタレ

材料(4人分)

  • 醤油 大さじ5
  • 酢        大さじ4
  • みりん大さじ2
  • マンゴージュース50ml
  • 粉末だし小さじ1
  • スペイン産エクストラバージンオリーブオイル大さじ2

作り方はいたって簡単、材料を混ぜるだけ!マンゴージュースとオリーブオイル?って疑問を感じる人はぜひこちらのスムージーも試してみてください。よく合うんです!おまけに今の季節にぴったり。

ということで、また一つエクストラバージンオリーブオイルの良さをみていただいた次第です。夏は思い切り楽しむもの、でも食事管理はしっかりしましょう!

0 コメント

関連する投稿

オリーブオイルって太るの?

109月 | 21 オリーブオイルって太るの?
健康的、ヘルシーなことで一般的に知られているオリーブオイルですが、実際のところどうなのでしょうか。オリーブオイルを摂取することで太るのかどうか、気になる方もいらっしゃるはずです。 結論から言うと、オリーブオイルはバランスの取れた食事の中で適度に摂取すれば太らないことが科学的に証明されています。オリーブオイルは、他の油脂同様、1g当たり9kcal供給し、これ自体はカロリーの高い食品であることを意味します。 オリーブオイル、ことにエクストラバージンオリーブオイルはオレイン酸を多く含むことで有名です。人間にとって必須である一価不飽和脂肪酸に当たり、私たちの健康、特に心臓血管系に多大なメリットを与えてくれます。更に、油脂に解けた状態でないと吸収できない脂溶性ビタミン(A、D、E、K)の吸収を可能にします。事実、世界保健機関(WHO)は、大人の摂取するエネルギーのうち20〜30%を脂質で補うことを推奨しています。...

オリーブオイルは再利用できる?

037月 | 21 オリーブオイルは再利用できる?
オリーブオイルを使った後、皆さんはどのように処理されていますか?おそらくほとんどの方が処分してしまうのではないかと思いますが、オリーブオイルはきちんと手順を追えば何度か再利用することが可能です。 オリーブオイルは油脂の中でも、全ての品質や利点を維持し、分解することなく高温(200℃まで)に耐えることができる油の一つです。 再利用するためには、料理に使う際にオリーブオイルの温度が200℃を超えないようにしましょう。また、調理する具材はできるだけ水分を多く含まないものが好ましいです。水が出てしまうと、オイルの分解が進む可能性があります。同じ理由から、フライパン等の調理器具に蓋をするのを避けましょう。蓋をすることで蒸気が発生、凝縮し、水分の発生につながるからです。...

有機(オーガニック)のオリーブオイルとは

027月 | 21 有機(オーガニック)のオリーブオイルとは
今、有機(オーガニック)が流行であることは言うまでもありません。スペインにおける有機オリーブオイルの消費も、ここ数年で増加傾向にあるという調査結果があるそうです。 オリーブオイルが有機食品として取り扱われるためには、先ず使用されるオリーブの実が農薬不使用で栽培されていることが条件になります。有機栽培のオリーブ園では、雑草除去には除草剤ではなく、羊の群れを放して羊たちに草を食べてもらいます。羊たちのえさにもなり、雑草もなくなる。まさに一石二鳥とはこのことですね。殺虫剤も使用しないので、代わりに自然の捕食者(小動物など)の増加を促進したり、自然由来の製品を使ったりします。また、輸送の際には交差汚染を防ぐため、有機栽培でないものとの接触を避けます。工場での粉砕工程、テイスティング、オイル分類の工程でも同じです。農薬をはじめとした化学製品に一切影響を受けてはいけないのです。実際、殺虫剤やその他の化学製品がゼロであることを分析、コントロールする工程もあります。こうすることで有機食品である証明がされます。  ...

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。