毎日のオイル
ブログへ戻る

5月 10, 2023

話題の オリーブオイルオイルおにぎり をつくろう

話題の オリーブオイルオイルおにぎり をつくろう

最近、インスタグラムなどでも話題を呼んでいる“オリーブオイルおにぎり”。冷めてもゴハンが固くならずに、旨味がUPする、と人気ですが、実はスペイン産オリーブオイルのフルーティな香りとピリッとくる苦味がおにぎりと相性が良いんです。美味しさの相性だけでなく、オリーブオイルを加えるだけで、よりヘルシーな一品になるところが大きなポイントです。スペイン産オリーブオイルの栄養価を取り入れながら、よりおいしくいただける“究極のおにぎり”をご紹介します。

 

究極のおにぎり其の一『シラス、シソ、白ごまのおにぎり』

「しらす」と「オリーブオイル」で検索すると検索結果上位であがってくるのが“しらすのオイル漬け”。淡白な味わいのしらすをスペイン産のオリーブオイルでつけておくだけで、調味料としても大活躍するのをご存知ですか?しらすには塩味があるので、加塩が不要。しらすオイルを常備しておけば、冷ややっこにかけたり、パスタに和えたり、パンにのせたり、と簡単に一品が作れるのでとっても人気です。

しらすオイルとゴハン、白ごまにスペイン産エクストラバージンオリーブオイルを混ぜておにぎりにしてみてください。スペインで栽培されているオリーブの品種はなんと200種類以上あり、それぞれの味わいがとっても個性的なんです。シソとしらすに合うオリーブオイルは「オヒビアンカ」。グリーンのアロマがとっても豊かなオイルで、わずかなピリッとした刺激がアクセントになって、味わいが幾層にも広がります。

 

究極のおにぎり其の二『いくらとサーモンの焼きおにぎり』

いくら&サーモンに合うオイルと言えば間違いなくオリーブオイル。フルーティーでイチジクのようなアロマを持つスペイン産のロイヤル種のオリーブオイルでいくらをマリネしておいて、焼きおにぎりにサーモンといくらをのせて、削り節をかけて食べてみてください。ロイヤル種のオリーブオイルは甘みがあるので、コクのあるいくらの旨味とサーモンの脂との相性が最高です。

 

究極のおにぎり其の三『高菜とうめぼしのオイルおにぎり』

疲れた時や、ちょっと湿度が高かったり、蒸し暑い日などに食べたくなる梅干し。意外な組み合わせに思うかも知れませんが、梅干しとスペイン産オリーブオイルは驚くほどの高相性なんですよ。

ちなみに梅オイルを作っておいて、炒め物に使うのもとってもオススメ。サラダのドレッシングだけでなく、茄子と豚バラ、キャベツと肉の炒め物、など、梅オリーブオイルで炒めると旨味がアップするので作ってみてくださいね。

 

番外編『オリーブオイルとおいなりさん』、衝撃の美味しさです

ピクニックにも普段のお弁当にも重宝するおいなりさんをオリーブオイルで作ったことがある、と言う方は少数派かもしれまえんが、これを機にこのおいしさを試してみてください。ビネガーとオリーブオイルの相性は言わずもがな良いので、お酢をたっぷり使った酢飯とスペイン産オリーブオイルが合わない訳がありません。

オススメの品種は、アンダルシアを代表する品種のピクード。青リンゴのようなフレッシュでさわやかなアロマを持つオイルなので、おいなりさんの香りがとっても豊かになりますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

春から初夏にかけて、ピクニックやキャンプなど屋外レジャーが気持ちいいこの季節、オリーブオイルおにぎりをもっておでかけしてみませんか?スペイン産オリーブオイルを加えるだけでいつもの冷たく固くなったおにぎりが、ふっくらもちもちになる、オリーブオイルおにぎり革命、是非ためしてみてください。

 

【関連レシピ】

0 コメント

関連する投稿

スペイン風鴨南蛮蕎麦

114月 | 24 スペイン風鴨南蛮蕎麦
カモ南蛮そば スペイン産オリーブオイルの風味が加わった、美味しい鴨とそばの絶妙な組み合わせ。新しいそばの味をお楽しみください。 材料 そば:3束 ネギ:1本(3cmの切片) 鴨のスライス:15枚 生姜(チューブ):5cm 酒:大さじ3(鴨を味付けするために大さじ1、調味のために大さじ2) 塩・こしょう:適量 スペイン産オリーブオイル、大さじ2 めんつゆ(3倍希釈)と白だし:各50cc みりん(料理用甘味酒):大さじ2 醤油:大さじ2 鰹節:1パック 水:1000cc 油揚げ(任意):1枚 エリンギ(任意):1パック ゆず(任意):適量 調理方法 鴨、生姜、酒大さじ1、塩、こしょうをビニール袋に入れてよくもみこむ。 野菜を切る。油揚げを使う場合は最後に切る。 鍋に鰹節と水を入れて沸騰させる。...
0

春に食べたいスペイン風サラダ特集

104月 | 24 春に食べたいスペイン風サラダ特集
春風がそよぎ、暖かい日が続く日に食べたくなるのがサラダ。春に旬を迎える野菜の多くは、生で食べることができるものが多くありますよね。そこで、今回はスペイン産オリーブオイルで作る春に食べたいスペイン風サラダをご紹介します。   スペインらしいカラフルなサラダ 写真:Seamus Mullen, presentada en la Cumbre Anual de Liderazgo Menus of Change® de 2019. 転載ほか、無断の使用を禁じます。 日本の家庭で食べるサラダとはちょっと見た目が違いますね!さすがスペイン、カラフルで栄養バランスも完璧と言えるこのサラダは、ラディッシュとズッキーニのツナ・サラダ。ラディッシュだけでなく、紅芯大根を加えることで、お料理がパッと明るくなりますね。ドレッシングはもちろん不要、なぜならば、スペイン産エキストラバージンオリーブオイルと岩塩だけで最高に美味しいからです。 どの品種のスペイン産エキストラバージンオリーブオイルでも合いますが、おすすめの品種は、ロイヤル種です。ロイヤル種は、アンダルシア州ハエン県の郷土品種で、とってもフリーティで芳醇なイチジクのアロマが広がるのが特徴です。是非試してみてください。 スペイン流カラフルサラダのレシピを見る   春のフルーツとフォワグラのスペイン流スペシャルサラダ...
0

お花見シーズンにオリーブオイルでおいしく

203月 | 24 お花見シーズンにオリーブオイルでおいしく
  春の訪れ。過ごしやすい季節の到来で、週末ピクニックをしてお花見をする方も多いと思います。いつものお弁当をいつもの味付けではなく、スペイン産のオリーブオイルを使ったおかずを作ってヘルシーなピクニック弁当を作りませんか?   スペイン産オリーブオイルでお弁当のおかずを作ると良い理由 朝、作ったお弁当をお昼に食べる時、大切なのは「冷えてていても美味しいこと」、「香りが高いこと」、ですが、スペイン産オリーブオイルを使ったおかずにするだけで、栄養価がアップします。 なぜならば、 豊富なオレイン酸!腸活&悪玉コレステロール減少に◎ ポリフェノールたっぷり!カラダの酸化を防ぐのに◎ ビタミンAやビタミンEが豊富!美肌に◎ 香りと味わいの高さ!お料理をランクUPするのに◎ だからです。   オススメ1 サクラ・オリーブオイルオイルおにぎり スペイン産オリーブオイルをご飯に混ぜると傷みにくくなる、というのをご存知ですか?ポリフェノール類やビタミンEなどの抗酸化物質が含まれているため、おにぎりの鮮度を守ってくれます。サクラの塩漬けにオリーブオイルを加えるとさらに旨味もアップしますよ。オリーブオイルをご飯に混ぜて握っても、お米がバラバラになることはなく、お米がよりしっとりしますよ。   オススメ2 オリーブオイルの自家製マヨでサンドイッチ そしてカンタンに作れるサンドイッチもオススメですがポイントは、マヨネーズの代わりに、スペイン産オリーブオイルで自家製マヨネーズをつくること。にんにく、卵黄、レモン汁、塩、こしょうを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜたら、少しずつオリーブオイルを加えて乳化させたら出来上がり。一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富に含まれ、コレステロール値を下げる効果のあるオリーブオイルでつくることでよりヘルシーなサンドイッチになります。たまごサンドもこの自家製マヨネーズで作ると味がグレードアップします。   ピクニックの定番!一口コロッケもスペイン産オリーブオイルで また、ピクニックやお弁当に欠かせないのが揚げ物。一口大のコロッケはみんなでシェアもしやすく、ランチタイムが盛り上がります。ポイントはスペイン産オリーブオイルで揚げることです。スペイン産オリーブオイルは高温(180゜C)にも耐え、その全特性を失わない唯一の油であること高温に耐える唯一の存在。スペイン産オリーブオイルで揚げることで、オリーブオイルに含まれるビタミンEとポリフェノールなどの成分を摂ることができ、素材の表面にカリカリな層を作り、中へ油を浸透させずに素材の旨味を逃がさないため、美味しさもランクアップします。   オリーブオイルで春を美味しく、美しく、健康に...
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。