毎日のオイル
ブログへ戻る

3月 20, 2024

お花見シーズンにオリーブオイルでおいしく

 

お花見シーズンにオリーブオイルでおいしく

春の訪れ。過ごしやすい季節の到来で、週末ピクニックをしてお花見をする方も多いと思います。いつものお弁当をいつもの味付けではなく、スペイン産のオリーブオイルを使ったおかずを作ってヘルシーなピクニック弁当を作りませんか?

 

スペイン産オリーブオイルでお弁当のおかずを作ると良い理由

朝、作ったお弁当をお昼に食べる時、大切なのは「冷えてていても美味しいこと」、「香りが高いこと」、ですが、スペイン産オリーブオイルを使ったおかずにするだけで、栄養価がアップします。

なぜならば、

  • 豊富なオレイン酸!腸活&悪玉コレステロール減少に◎
  • ポリフェノールたっぷり!カラダの酸化を防ぐのに◎
  • ビタミンAやビタミンEが豊富!美肌に◎
  • 香りと味わいの高さ!お料理をランクUPするのに◎

だからです。

 

オススメ1 サクラ・オリーブオイルオイルおにぎり

スペイン産オリーブオイルをご飯に混ぜると傷みにくくなる、というのをご存知ですか?ポリフェノール類やビタミンEなどの抗酸化物質が含まれているため、おにぎりの鮮度を守ってくれます。サクラの塩漬けにオリーブオイルを加えるとさらに旨味もアップしますよ。オリーブオイルをご飯に混ぜて握っても、お米がバラバラになることはなく、お米がよりしっとりしますよ。

 

オススメ2 オリーブオイルの自家製マヨでサンドイッチ

そしてカンタンに作れるサンドイッチもオススメですがポイントは、マヨネーズの代わりに、スペイン産オリーブオイルで自家製マヨネーズをつくること。にんにく、卵黄、レモン汁、塩、こしょうを入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜたら、少しずつオリーブオイルを加えて乳化させたら出来上がり。一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸が豊富に含まれ、コレステロール値を下げる効果のあるオリーブオイルでつくることでよりヘルシーなサンドイッチになります。たまごサンドもこの自家製マヨネーズで作ると味がグレードアップします。

 

ピクニックの定番!一口コロッケもスペイン産オリーブオイルで

また、ピクニックやお弁当に欠かせないのが揚げ物。一口大のコロッケはみんなでシェアもしやすく、ランチタイムが盛り上がります。ポイントはスペイン産オリーブオイルで揚げることです。スペイン産オリーブオイルは高温(180゜C)にも耐え、その全特性を失わない唯一の油であること高温に耐える唯一の存在。スペイン産オリーブオイルで揚げることで、オリーブオイルに含まれるビタミンEとポリフェノールなどの成分を摂ることができ、素材の表面にカリカリな層を作り、中へ油を浸透させずに素材の旨味を逃がさないため、美味しさもランクアップします。

 

オリーブオイルで春を美味しく、美しく、健康に

スペイン産エキストラバージンオリーブオイルはオリーブの果汁100%。果実から抽出される植物油はオリーブオイルだけなのですよ。

お花見シーズンにオリーブオイルでおいしく。健康に多くのメリットをもたらす不飽和脂肪酸オレイン酸が成分の殆どを占めている、まさに大地からのプレゼントのような偉大なオイルです。また、エクストラバージンオリーブオイルはその香りと味の官能性が極めて優れています。オリーブオイルを買うときは「スペイン産」かどうかを是非チェックして、スペイン産を選んでくださいね。

 

 

【スペイン産オリーブオイルについて】

 

【ピクニックにオススメのレシピ】

0 コメント

関連する投稿

スペイン風鴨南蛮蕎麦

114月 | 24 スペイン風鴨南蛮蕎麦
カモ南蛮そば スペイン産オリーブオイルの風味が加わった、美味しい鴨とそばの絶妙な組み合わせ。新しいそばの味をお楽しみください。 材料 そば:3束 ネギ:1本(3cmの切片) 鴨のスライス:15枚 生姜(チューブ):5cm 酒:大さじ3(鴨を味付けするために大さじ1、調味のために大さじ2) 塩・こしょう:適量 スペイン産オリーブオイル、大さじ2 めんつゆ(3倍希釈)と白だし:各50cc みりん(料理用甘味酒):大さじ2 醤油:大さじ2 鰹節:1パック 水:1000cc 油揚げ(任意):1枚 エリンギ(任意):1パック ゆず(任意):適量 調理方法 鴨、生姜、酒大さじ1、塩、こしょうをビニール袋に入れてよくもみこむ。 野菜を切る。油揚げを使う場合は最後に切る。 鍋に鰹節と水を入れて沸騰させる。...
0

春に食べたいスペイン風サラダ特集

104月 | 24 春に食べたいスペイン風サラダ特集
春風がそよぎ、暖かい日が続く日に食べたくなるのがサラダ。春に旬を迎える野菜の多くは、生で食べることができるものが多くありますよね。そこで、今回はスペイン産オリーブオイルで作る春に食べたいスペイン風サラダをご紹介します。   スペインらしいカラフルなサラダ 写真:Seamus Mullen, presentada en la Cumbre Anual de Liderazgo Menus of Change® de 2019. 転載ほか、無断の使用を禁じます。 日本の家庭で食べるサラダとはちょっと見た目が違いますね!さすがスペイン、カラフルで栄養バランスも完璧と言えるこのサラダは、ラディッシュとズッキーニのツナ・サラダ。ラディッシュだけでなく、紅芯大根を加えることで、お料理がパッと明るくなりますね。ドレッシングはもちろん不要、なぜならば、スペイン産エキストラバージンオリーブオイルと岩塩だけで最高に美味しいからです。 どの品種のスペイン産エキストラバージンオリーブオイルでも合いますが、おすすめの品種は、ロイヤル種です。ロイヤル種は、アンダルシア州ハエン県の郷土品種で、とってもフリーティで芳醇なイチジクのアロマが広がるのが特徴です。是非試してみてください。 スペイン流カラフルサラダのレシピを見る   春のフルーツとフォワグラのスペイン流スペシャルサラダ...
0

いくつ知っている?スペイン定番料理特集

103月 | 24 いくつ知っている?スペイン定番料理特集
いくつ知っている?スペイン定番料理特集 日本でも人気のスペイン料理。アヒージョやタパス、スパニッシュオムレツ、パエリア、ガスパチョ、チュロスなどは知っているけれど、そのほかのスペイン定番料理は?となると、意外と知られていないかも知れません。そこで今回は、実はまだあまり知られていないけれど世界的に有名なスペイン料理をご紹介します!   名前が可愛い!スペイン産エクストラバージンオリーブオイルが決め手 スペイン料理には、スペイン産のオリーブオイルやタラを使った料理が多くありますが、中でもこちらの料理は定番中の定番。そのお名前は・・・ 『ピルピル(Pil Pil)』と言います。 ピルピルは、白身魚のタラをオリーブオイルで煮て作られた料理です。オリーブオイルで煮込んでいるときのパチパチ音がスペイン語では「ピルピル」だったことから名づけられました。オリーブオイルで煮込む、と聞くと“『アヒージョ』ではないの?“と思う方もいるかも知れませんが、ピルピルとアヒージョには大きな違いがあるんです。大きな違いはオリーブオイルを乳化しているか否かです。アヒージョはオリーブオイルにニンニクの香りを移すことが主ですが、ピルピルはオリーブオイルでじっくり煮込んでいます。オリーブオイルをパンにつけて楽しむのではなく、タラによって乳化したスペイン産オリーブオイルの旨味を味わうのが特徴です。 ▶ピルピルのレシピをみる   これはガスパチョとは違う? スペイン・アンダルシア地方コルドバの名物『サルモレッホ(salmorejo)』をご存知ですか?ガスパチョのような冷製スープですが、このサルモレッホはトマトとニンニクとパンで作ります。ミキサーにトマトとニンニク、スペイン産エクストラバージンオリーブオイル、パン(またはパン粉)、塩を入れてスープ状になるまで攪拌したら出来上がり。器に盛ったらお好みでゆで卵や生ハムをのせて完成。お薦めのオリーブオイルの品種はピクアル種。ピクアル種のオリーブオイルはオレイン酸とポリフェノールを多く含有しているので、ほろ苦くピリッとするので、スープに奥深い味わいが加わります。   これはヘルシー!まるでスープのようなヘルシーなスペイン郷土料理 スペインの主食であるパンと米と同等に重要な食材、それは白いんげん豆。一見ショートパスタのようにみえるのがファベス=白いんげん豆で、このお料理のお名前は、『ファベス・コン・アルメハス=アサリと白いんげんの煮込み』。お豆とアサリの組み合わせは、アサリのお味噌汁に慣れている日本人にとっては好相性。食べる直前で、スペイン産エキストラバージンオリーブオイルをたっぷりまわしかけると、オリーブオイルの豊かなアロマと旨味が食卓に広がります。   これは『パエリア』とは呼ばない?・・・さて、何でしょう? カタルーニャ地方とバレンシア地方の両方で有名な伝統料理で、黒いパエリアとも呼ばれることがありますが、このイカ墨で作るパエリアのようなものの名前は『アロスネグロ』(arroz negro)。 スペイン産エキストラバージンオリーブオイルをたっぷり使っていただく絶品です。 ▶レシピを見る   フレンチトースト?いいえ、これはスペイン発祥のパン...
0

個人情報保護方針に同意します。

*項目を確認する

ニュースレターを登録する

スペイン産オリーブオイルについて最新情報をご希望の方は、ニュースレター登録へ。